グッドボーイハートは人と犬が共に成長して調和することを目指すドッグトレーニング・ヒーリングスクールです。

トップページ
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

犬の起源

ロシア地域で氷河期の子犬の死骸が見つかったというニュースをラジオで聞きました。
約1万2千年前のものとのことで、発掘物による犬のものでは今までの最古と同じくらいのようです。
近くには火で焼いた形跡もあるらしく、人が近くにいたのではないかということでした。

犬科の動物が人の近くで生きるようになるまでには、とても長い時間を
かけたのではないかというのが私の推測です。
いろんな見方がありますが、人が繁殖によって改良したから犬になったとは思えません。

研究者ではありませんから科学的な根拠はありません。
ではなぜそのように思うのかというと、実際の犬の行動を通してそう思うのです。
犬は人為的な繁殖や異なる生活環境で過ごしているため、その能力の個体差は
大変大きくなっています。
ですが本来彼らが最大に持っていた能力というのは、人の手を借りずに生きていくために
十分なものだったのではないかということです。

オオカミとイヌのDNAは99%同じという資料を読んだことがありますが、
それに使われたイヌは実際にはどのようなイヌだったのかが知りたいところです。
純血種だったのか、ミックスだったのか、どのような地域のイヌであったのかも。

イヌの学名はCanis lupus familiaris
飼いならされたオオカミという意味ですが、Canis lupusはタイリクオオカミの学名。
イヌはその亜種ということになります。
分類学ではいろいろと説もことなり絶対ではありませんが、
要するにタイリクオオカミとイヌはあんまり変わらないよね、ということです。

本当に「飼いならされた」んだろうか。
本来の能力を失ってきただけではないのだろうか。
という疑問をもってしまいます。

「飼いならされた」というのはあまりにも人主体である気がします。

1万2千年前の子犬の死骸の検体について犬達は知りたがらないことでしょう。
人って本当に不思議な動物ですね。


明日のクラスの準備のために七山に移動してきました。
帰宅するとあちこちからウィーンという草刈機の音が聞こえます。
私もたまらず刈りバサミを抱えて山に入りました。

あと何万年もたって人類が滅亡、もしくは人間が激減したときに
森の中に潜んでいたイヌがこのわんこ山に下りてくるという妄想をしながら
せっせと刈りこみ作業を行いました。

何万年も先のことを考えたりするのも人間だけですね。

Posted in 日々のこと, 犬のこと

ブラッシング

ブラッシングが得意でない犬たちが結構多いようですね。
ブラッシングとはブラシで毛をとったり整えたりする手入れのことです。

本来の動物としての犬は「ブラッシング」なんかしていませんから
犬の方からしてみれば「余計なことをするな」というのが本音でしょう。

人側の立場からみて何故ブラッシングが必要なのかを整理してみましょう。

毛が散るから事前にとりたい。
毛が絡まって毛玉になるからきれいにしたい。

こんなところでしょうか。
犬によってはほとんどブラッシングの必要のない犬もいます。
アンダーコートが少なめで飾り毛のない毛質、本来の犬らしい毛質の犬です。

ブラッシングに困っている犬はこんな犬ではないでしょうか。

アンダーコートがびっしりとはえているタイプの犬
飾り毛のある長毛の犬
毛が伸び続けるタイプの犬

これらはいずれも純血種の犬たちです。
もしくはどこかで純血種の犬が混じったミックス犬たちです。

人が手入れをしなければ毛がうまく維持できないようになってしまったんですね。
こうした犬にはブラッシングが必要ですね。

「ブラシを見ると逃げるようになったんです。」というご相談を受けました。
まず犬の毛質をみて、現在使っているブラシの種類を聞いて、
どのように毛がとれているのかもお尋ねしました。
それで、私のお気に入りのペット用のブラシを購入してもらうことになりました。

ブラシが到着したので、どのようにブラシをあてていくのかもご説明しました。
私がやってみてその後に飼い主さんにも実際にやっていただきました。

よもぎブラシ
今までとは全くちがう犬の反応に飼い主さんもビックリです。

ブラッシングは毛を取ることを目的として行うと犬はいやがるようになります。
目的を「コミュニケーション」に変えるとうまくいくようになります。
ブラシで触っているという感覚ですね。
毛をとるためには少し時間のかかるやり方ではありますが、それを差し引いても
気持ちがいいことでブラッシングを受け入れてくれることの方がずっといいですよね。

犬の毛は犬の脳とつながっているんです。
安心できるブラッシングは犬に心地よさを与えます。
犬は正直に行動やシグナルで返答してくれるのでわかりやすいですよ。

今日からブラッシングが良いコミュニケーション時間になりますね。

よもぎブラシ3



Posted in 犬のこと

お散歩トレーニング

ドッグトレーニングクラスで外せないのが「お散歩トレーニング」です。
今日はお散歩トレーニング初回の生徒さんのクラスがあったので
簡単にご紹介します。


今日は初回だったので、普段の散歩の状態をいつもの散歩コースで
見せていただきました。
あらかじめご相談した上で、ビデオ撮影もさせていただきました。

撮影の目的は二つあります。
説明時に飼い主さんに見ていただくために使う。
インストラクターが、細かく行動分析をするために使う。


どの段階のしつけやトレーニングでも同じことですが
大切なのは「今どこにいるか」をはっきりとさせることです。

山歩きでも大切なことですが「今どこにいるか」がわからないと
「自分はどこへ行きたいのか」がわからなくなるからです。

犬の困った行動問題行動が「手に負えない」と感じられるときは
混乱して、今どういう状態なのかがわからなくなっていることがあります。
つまり「今どこにいるのか」がわからなくなっています。

そのため、まずは現在の散歩の状態をしっかりと把握してご説明します。
その上で、どのようなトレーニングの可能性があるのかについて提案していきます。


特に最近では、散歩中のひっぱりを軽減させるような「道具」が簡単に手に入ります。
また、ひっぱりを防止するためのテクニックなども雑誌やネットで紹介されています。
飼い主さんが独自でいろいろと試しているということも多いです。

ひっぱり防止の道具で多少ひっぱりがなくなっていたとしても
それが犬にどのような状態を与えているのかも説明していきます。

小さなシグナルですがビデオ撮影するといろいろと見つけることができます。
観察力のある飼い主さんはその「シグナル」=「犬のサイン」に気づいていることもあります。
たとえば「目をパチパチさせる」とかですね。


今日の生徒さんもたくさんのシグナルに気づかれていました。
ただ、そのシグナルの意味がはっきりとしなかったということだったようです。

犬のシグナルはコミュニケーションの道具ですが、読み取り方は難しいこともあります。
読み解けるようになってくると、どんどん理解が進みます。
人の言語とは違って体系化されたものなので、複雑だけど分かりやすいのです。

トレーニングはテクニックではありません。
グッドボーイハートのドッグトレーニングはコミュニケーションです。
次回のお散歩トレーニングが楽しみです。


Posted in クラスのこと

保護犬を迎える

天気も快復してトレッキングクラスが開催できました。
この季節はいくら歩いても疲れません。太陽が心地良いです。

参加したのは保護施設から家庭犬として保護犬を迎えられた
飼い主さんとそのわんちゃんです。

犬を家庭に迎える際、購入ではなく保護施設などからや
保護された犬を迎えられる方が増えているように思えます。

福岡県、福岡市も佐賀県も、新しい飼い主さんを求めるための
犬の譲渡会というものを開催するようになっています。
公報などにも掲載され、インターネットの普及もあり
出会いの機会が増えたことや、価値観の変化も起きているのでしょうね。

成犬を迎えられる場合には、その犬の過去の経歴がわからないということで
難しさを感じられることもあるかもしれません。

成犬は子犬よりも人との関係を築いていくことに時間がかかることもあります。
それでも、子犬だって人との関係を築いていくのに数年はかかるのです。
それを考えれば、どちらも長さとしては変わりません。

むしろ、経歴がわからないとしても今目の前にいる犬の状態はわかります。
そしてその状態の中から犬の本来の気質(性格)をいくつも拾うことができます。
予想通りということもあるし、予想に反してということもあります。
それを少しずつ理解して近づいていくことが楽しいですね。

飼い主さんの理解は犬の行動や表情の変化に表現されるので分かりやすいですよ。

今日来てくれたワンちゃんも保護される前とは別の犬のように
表情や体型が変わってきました。

飼い主さんも「来た当時は少し距離感があったけど、今は俄然カワイイです。」
とおっしゃっています。

そんな飼い主さんと犬の成長と変化を、一緒に楽しませてもらっています。

保護犬の性質を知るのはなかなか難しいものです。
いわゆる「保護犬とのお見合い」で悩まれている方を対象に
相談に応じるボランティア活動を行っています。
お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。










Posted in クラスのこと, 犬のこと

犬と猫

ご家庭でドッグヒーリング中にある事がおこりました。

少し寒かったので縁側で窓を閉めた状態で
太陽に当たりながらドッグヒーリングをしていました。

しばらくすると庭に猫が入ってきました。
飼い主さんがいうには「野良猫」らしいです。
誰かが食べ物を与え、その辺をウロウロとしているのでしょう。

猫は、私と犬のいる縁側の方へ歩いてきます。
ところがあと2メートルというところで私と目があい
お互いに見つめ合った状態となり、猫が動きを止めました。

私はヒーリング中のワンちゃんが猫に気づいて興奮するのではと思い、
犬が猫から目線をさけるような方向であることを維持しながら
片方では猫から目を離さずに見つめ合っていました。
時間としては数十秒くらいです。

そのうち猫が2歩ほど後ずさりして、90度方向を変えて歩き始めました。

視力は人とは異なるので、目が合ったといっても私という人間を
きちんと認識できていたかどうかはわかりません。
犬の方はいつも室内にいるので、動く姿が見えていても
出てくることはないと知っているので気には留めないでしょう。

私の方は全く動いはいないのに、何か警戒しなければいけないというように
受け取られたのかもしれません。

犬と猫、大半は犬が猫を追う方で
猫が犬を追ってきたり攻撃することがある場合には
何か事情があるものと察します。

猫を追う犬の方には、特別な事情はありません。
庭でも散歩中でも、猫を追いやすい犬は追ってしまいます。
といっても、これは犬の性質だけの問題ではありません。
こうした犬が猫を追わなくなるようにもなります。

「動くものを追うのが習性」と単純にいわれてしまいますが
目に付いた動くものを全て追ってしまうのは
不安定な傾向のある行動です。

犬と猫は生活空間が近いため、関係性を見ていると
いろいろとおもしろくて、つい観察してしまいます。

その関係性も環境が異なると変わってしまうことは
全ての動物の不思議でもありますね。

コロ助わんげる160403

Posted in 犬のこと

グループクラス

今日はグループクラス「わんげる・ミーティング」の日でした。

“がけのぼり大会”を予定していましたが、天気予報もいまひとつなので次回に延期。
ちょっとだけ冒険して、いつもとは異なるルートをご案内しました。

気温がぐんと上がってきているだけに、山の風景は毎日のように変わっていきます。
風景といっても遠くから見る風景だけではありません。

足元を見ると、猪がたけのこを掘り返した跡がたくさんあります。
まだ新しい獣の匂いが残っているため、犬によっては少しテンションがあがります。
気づいてもテンションの上がらない犬もいます。
犬の性質や経験によって同じ刺激でも反応はさまざまです。

いつもより不安定な行動を見せる犬がいました。
最近、飼い主さんの転職で生活リズムが少し変わったらしいです。
そうしたことも犬の行動の安定性に変化を与えています。

犬は忠実だといいます。
その忠実性はいわれたことをすることではないようです。
彼らの行っている忠実とは「飼い主さん、私はあなたのことをきちんと映し出しますよ。」
ということです。
「犬は飼い主の鏡」とはまさにこのことです。

犬が自分のことを教えてくれるなんて、こんなにありがたいことはありませんね。


七山校に戻ってからのお昼の準備、今日は石釜のピザでした。
体調不調の方のケアにあたるため、みなさんに全てやっていただきました。
石釜の準備も始めて生徒さんにお願いしました。

窯もちゃんと火が通り、無事にピザとパンが焼きあがりました。

お昼ごはんをたべながら、今日の話題は「遺伝子」でしたね。
人間の世界でも「子孫を残す」ということが複雑化しています。
犬もこの100年くらいの間に純血種という繁殖方法がでてきて
「人が意図した形で子孫を残す」という枠組みに入っています。

動物のシステムや命のことははかりしれないものがあるので
倫理観も含めて、考えるとどこまでも難しいものです。
だからといって考えることを止めてしまいたくはありません。
結論がでなくても「それはどうなんだろう。」と自分に問い続けたいです。


山から下りるときに「山リンドウ」が花開いてました。
「登っていくときはつぼみだったのにね。」と声があがりました。
ほんの小さなことなのに何かを与えてくれる。
自然の力はいつまでも偉大です。


“がけのぼり大会”はまだまだ先のことになりそうですね。

ピザ20160403

Posted in クラスのこと

パピートレーニング

生後2ヶ月の子犬ちゃんのところへ行ってきました。

グッドボーイハートでは生後4ヶ月齢(4ヶ月の誕生日まで)までをパピーと呼んでいます。


子犬という言葉や、子犬の顔の印象などから「赤ちゃん」と誤解されることも多いですが
生後2ヶ月というと、幼稚園生くらいにはなっています。

自分である程度の行動ができ、コミュニケーションも発達してきますし学習能力も日々高まります。
身近な人との関係性にも興味を持っています。


この時期は犬にとっては最も大切な時期であると同時に、大変な時期でもあります。
親兄弟と過ごしていた犬世界から、飼い主という人世界への移行期になるからです。
犬と人、全く異なる種の動物なので、生活環境やコミュニケーションも異なります。

人と暮らす犬は、人社会の環境やコミュニケーションも学習していかなければなりません。


昔はそんなことを難しく考えなくても犬は普通に飼ってたよね、と思われるかもしれません。
大変になってきたのは犬を飼う環境や人の生活環境が激変したこの50年くらいのことです。

特に集合住宅の室内飼いや、都会で戸建の庭のないビルタイプの室内飼いになると
人との距離感が近く、環境への適応性という学習にも時間と労力が必要です。


子犬を迎えたときは「うちの犬は吠えません」といわれる方が多いです。
子犬は吠えることよりも鼻をならすという行動がほとんどです。

生後5.6ヶ月になると吠えや散歩のひっぱりが出るようになります。
このころに相談に来られる方がいらっしゃいます。

問題を放置すると1歳ころから「じゃれ噛み」ではない「咬みつき」がでることもあります。
この段階で相談にされる方もいます。

問題が生じてくると「犬のしつけ本」やネット情報からいろいろ試してみられるかもしれません。
「いろいろやってみたけどダメだった」ということで1歳前後で来たワンコもいますね。

専門家としてのアドバイスですが、しつけ本やネット情報、知人から聞いたという方法で
犬のしつけやトレーニングを行うのは危険です。


子犬の生活環境や性格と飼い主さんのできることにより、トレーニングの内容は全て違います。
トレーニングクラスでは日々の変化を見ながら、途中でトレーニング内容を変更する必要もでてきます。

子犬期の対応は、犬の性格形成と飼い主さんとの関係に直接的に影響します。
やってみたけど問題行動はなくならなかった、というだけでなく
実はやってみたことで問題が複雑化していることがほとんどです。

しつけ・トレーニングで大切なことは、まず「飼い主さんが学ぶ」ことです。

パピーは大変ですが、成長は楽しいものです。
子犬期は飼い主さんと関係を築いていくための大切で特別な時間です。

生後4ヶ月を過ぎてトレーニングを受講された生徒さんの100%が、
「子犬のときからトレーニングを受けていれば良かった。」といわれます。
その理由は「犬のことを理解せずに犬に行ったことで負担をかけてしまった。」というものです。
犬のことを家族同様に大切に思う気持ちから出てくる言葉ですね。

グッドボーイハートができることは、パピーを迎えた飼い主さんたちに
パピートレーニングの楽しさを伝え続けていくことです。










Posted in クラスのこと, 犬のこと

教師として

数年前まで講師を務めさせていただいたペット系の専門学校に伺いました。
グッドボーイハートの活動再開をかねてのごあいさつです。

専門学校の講師は13年ほどさせていただきました。
最初は基本的な犬の飼育に関する概論などを講義する形式でした。

その後に、ゼミ形式で家庭犬のしつけトレーニングをテーマに行いました。

ゼミ形式の方が、短い授業の間に学生の個性に触れながらいっしょに考え
いっしょに学ぶという形に近いため、私にはこちらの方があっていました。

学校に生徒さんの犬をお預かりする形でしたので、大変なことでしたが
ゼミ生たちはみなまじめに丁寧に犬達に接していました。
学びの態度もきちんと持っていた学生たちであったことも犬に伝わっていたようです。

そして、そのゼミ生たちと保護犬を預かるクラブを作っていただきました。

時はまだ保護犬の預かり先が少なく、ボランティアさんと話しているときに
学校のスペースに預かり学生たちがお世話をする形はどうだろうかと提案したのです。

今思えば、学生にとっても、学校にとっても、大きな責任を担うことです。
私の担当していたゼミ生たちが、あまりにも真剣で感性も高く責任感も強かったため
なぜか「彼らとならいっしょにやっていける」と感じて火がつきました。
前例のないことだったのに、学校の方で許可がいただけたのは奇跡でした。

保護犬の預かりの環境としてベストとはいえないという葛藤もありましたが、
そのクラブ活動を通して、学生たちなりに一般の預かりではできないことも
成し遂げていたように感じています。
もちろん、私はこのクラブを通してたくさんすぎるほどの学びを得ました。

講師をやっているときはただ夢中で、伝わらないことへの行き詰まりや
先へ進みたいことへの焦りなど、若い人たちを相手にしているといろいろと悩みも多かったです。
ですがその悩みすらも、自分を成長させてくれるチャンスであったことを感謝しています。

卒業生の中には、同じ意志のもとに日々活躍している人々がいます。
ドッグトレーナーにはならず、違う職業や主婦として家庭を支えている方もいるでしょう。
それでも、それぞれのステージで人として学び続けていることには変わりありません。

共に学ぶ機会を得られたということは、特別の出会いであったような気がします。

たくさんの勇気をありがとうございました。






Posted in 日々のこと

撤退

お気に入りのアウトドアショップに立ち寄りました。
大きめの軽いリュックを探しているからです。

ドギーテントクラスのときに、テントまで持っていく荷物をいれたいのです。
テントは分けられるものは分けて、それぞれに負担します。
あとは各自、自分のシュラフと断熱材(いわゆるシュラフマット)を運びます。

実は、私は適当なリュックを持っていません。
しばらくテント泊をしなかったので、今までどうやって運んでいたのかも覚えていません。

先日のクラスのときも、スポーツ店などでもらうビニールバッグにいれて運びました。

ですが、やはりバランスが悪いのです。
たいした山道ではないけど、こういう小さな油断が事故につながります。

生徒さんたちはきちんとリュックを使っています。

そう「山歩きは道具が大事」と再確認しました。
私にとってはわんこ山が庭なので、気軽に考えていたのですね。


お目当てのショップでウロウロと探していたら、これかなと思うものがありました。
携帯リュックなので、折りたためるポケッタブルタイプです。

22リッターのを広げてみましたが、少し小さいです。
店員さんに「30リッターのものはありますか?」と尋ねると
持って来てくれました。

広げてみたり、背中にからってみたりしました。
商品の使い心地を吟味している私に、店員さんがこう言ったのです。

「ベースキャンプに荷物おいて、ピークを目指すときとかに使えますよね。」

何?

イメージしてみました。

ベースキャンプ → → → グッドボーイハート七山校で
ピーク → → → テント場ということよね。

なぜか少し、赤面したいような気持ちになりました。


「このリュックすごくいいと思います。今度、きっと、買います。」
と店員さんに言い残して、とりあえず撤退しました。

このリュックを使う資格が一旦取り下げられたように感じたのです。
勇気ある撤退だったと思います。

それで、今のところ資格を得るための他のイメージを膨らませています。

非常時用のリュックにも使える。
一泊の講演旅行にも使える。
七山で野菜を買い込むときに使える。

あとひとつ思い浮かんだら、その資格を得たと判断して再チャレンジです。




Posted in クラスのこと, 日々のこと

トレーニングクラス

家庭訪問トレーニングを行いました。

犬のしつけ方教室にはいろいろな形式があります。
行う場所によって家庭訪問、通学型の室内教室、通学型の屋外
人数によってマンツーマン、グループレッスンですね。
お預かりのデイケアクラスはまた別の形のクラスです。

グッドボーイハートでもこの16年間さまざまなトレーニングクラスを
開催してきました。
デイケアクラスや通学型の室内でのグループクラスを行ったこともあります。
できる形ではいろいろとやってみようという気持ちでチャンレンジしました。

それぞれに良さもあり、逆に難しさを感じることもしばしばでした。

犬との関係作りや犬との暮らしを充実させたいのであれば、
おすすめしたいのは、家庭訪問型のマンツーマンレッスンです。

犬のしつけ方教室とは、飼い主さんと犬がより良い関係を築いていくことです。
室内飼育でも、外飼育でも同じです。

そのためにまず大切なことは、
「今、どのような状態なのか」を知ることから始まります。
生活空間の行動が「今、どのような状態なのか」を教えてくれます。
具体的には、家庭での犬の様子や飼い主さんと犬の関係がわかる空間です。

実際のしつけやトレーニングを行うにあたっても
すべて生活の中で行われるものなので飼い主さんも理解しやすく
犬は自分のテリトリー(生活空間)の中で行われる変化に敏感に反応します。


今日訪問したご家庭は14年前くらいからのお付き合いになります。
ずい分長いお付き合いをさせていただいています。本当に有難いことです。

わんちゃんは2代目になります。
「2頭目でもわからないことがあります。」
とおっしゃっていましたが、当然のことだと思います。

犬は個性が強く、本当にみんなちがうな~と思います。
遺伝的にも、子犬のときの環境も、飼い主さんの環境もさまざまですからね。

そんな犬の不思議も含めて、犬のことを知るのはとても楽しいです。
私にとってはどんなものも犬の魅力には勝てないのかもしれません。

これだけ夢中になれることに出会えたこと、
そしてそのチャンスを与えてくれる飼い主の皆さんに改めて感謝する一日でした。






Posted in クラスのこと