グッドボーイハートは人と犬が共に成長して調和することを目指すドッグトレーニング・ヒーリングスクールです。

トップページ
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お客様三度:オポという犬と猫のかかわり

その翌日もお客様はやってきた。
室内にいるオポが「ウォン!」の声を発して玄関の網戸の前に走った。

同じく部屋の中で本を読んでいた私の方は、瞬間的に体が反応し、気づいたらオポよりも早く網戸に到着している。
瞬発力は若いときほどは高くはないが、それでもこの年齢にしては高い方だと思う。
長年の犬との暮らしの中でいつの間にか身についた、自分と犬と家の破壊を最小限に抑えるために必要な能力だ。

網戸の前でまさに今その戸口が開かれるのを待つオポ。
とめおけばとめおくほど蓄積するエネルギーは膨大となる。
玄関に出て外をみるとお客様はお帰りになるところだった。

いつもおひとりさまなのに今日はおひとりさまではなかったようだ。
オポとは旧知のとなりの“彼”とご一緒だった。

彼等はひとつ屋根の下に住む家族である。
猫語のわからない私とオポのために犬語の通訳として同伴したのか
前日の不法侵入で保護者を連れてわびにきたのか
すでに帰宅中の彼らからその理由を聞くことはできなかった。
お客様猫は幼少期から“彼”と共に育った仲であり
“彼”がときおり、彼のテリトリーになるこの坂をあがって訪問する

グッドボーイハートへの来客に対して門番をしているときも
ときおりその横で番犬ならぬ番猫をしているのをみかけたものだ。

しかし、この翌日である今日の夕方、屋根裏部屋で作業をする私に変わって番犬の最中だったオポは
何かを待つかのように玄関ホールのカウチに横たわり若干の緊張感をただよわせていた。

ウォン、ウォン!
今度は間違いない。
人ではない、犬ではない、
猫のお客様がきた。

オポの吠える声が猫対応ヴァージョンを作りだし私にもよくわかるようになった。
こうなるとあわてて降りていく必要もない。
「はーい。」と心して玄関におり戸口の向こうを見た。

玄関から正面の道をみるオポ
その先に見えるものはオスワリをするお客様である。

両手の合わせ方から背筋の伸び方までただならぬ方であることは明らかである。
どちらも動こうとしない。

「こちらは動かないからそっちから来たら」
と構えをとるオポ。

でもお客様も面と向かっては近づく気がないらしい。
待てども動かないお客様への対応をあきらめ後ろ髪をひかれるように部屋に戻るオポ。

オポの予測通り、オポが部屋に帰ろうとして動き出した後、お客様猫の方は車庫玄関ゲートの方に向かって歩き出した。どうやらオポのお出迎えなしでここへ入りたいようだ。

車庫玄関の方へ廻るとやはりいらっしゃった。
遠かったけど言葉をきいてみた。
「そこってキャットヒーリングスクールだってきいたんだけど違うの?」
ここはドッグヒーリングスクールなのよ。
「犬も猫も変わらないわよ。こんど一度お願いするわね。」
と返事を待たずに帰宅された。

オポの方は番頭の受付なしに侵入した経路がないかどうか入念に入口の臭いをかいでいる。
今回は無断での立ち入りを防げたことに犬としての体面はたもたれたようだ。

確かに犬と人が命として変わらないように犬も猫も命としては変わらない。
猫のヒーリング経験がないわけではない。
もう少し器量を広げてお客様をお迎えすることにしよう。

でもね。
うちの番頭さんの顔はたててあげてね。

猫さん入口付近-150x150

Posted in オポのこと, 日々のこと

お客様:オポという犬と猫のかかわり

今日の朝、この季節の特別な目覚まし、
うぐいすの声を聞きながら太陽の日差しを浴びて目が覚めた。

朝の掛け声に反応するのはいつもオポの方が早い。
わたしの方はいろいろとにぶい。
今日はあたたたくなりそうだね~ とか
昨日はよく眠れたかな~ とか
おなかすいてる?~ とか
要するに寒いからなかなか着替えようとしないだけ。例の「言い訳」ってやつね。

オポはお見通しなので、オスワリをして表情を変えずにじっと私をみている。
次第に自分の言い訳がむなしく、黙って朝支度を始める。
飼い主の朝一番の仕事は「犬のご飯作り」からと決まっている。

オポが無事にご飯を食べ終えた後
変わって私が朝ご飯を食べる最中にはオポはクレートの中で伏せている。
ここにじっとしていれば「のこりもの」が出た時にもらえるかもしれないことをいつの間にか学習してしまった。
その大切な「のこりもの」を机の上においたまま、朝のメールチェックのためにパソコンに集中してしまった。

突然、鼻から息を思い切り吸っている音が聞こえた。
ブフブフっていう音かな。文字で表現できない不思議な音。
と当時にブフッという吠えるでもないけど感情の高まる音を出した。
オポのシグナルである。

そのとき、チリンチリと部屋のドアのすぐ向こうに見慣れぬ音。
珍しいお客様、猫田さんの再来だった。
今日は門番がいない上に玄関もあいていた。
テラスを通って、玄関をとおって、奥のオポの部屋まで
迷わずお越しになれたようだった。

その後に起きたことは想像がつくだろう。
侵入者発見!
人ではありません、犬ではありません、それ以外の動物です
危険分子ではありません、ただ無断で入ってくることは許されません、の流れで
オポは部屋を矢のようにでていき、チリンチリンのすごく早い音が聞こえて
ふたりともあいていた玄関から出ていった。

「じゃあ、また来るわね。」はそら耳ではなかったようだ。
お客様には大変申し訳ないけど ここは予約制だということを今度来たらいっておかなければね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Posted in オポのこと, 日々のこと

珍しいお客様:近所の猫たちの訪問

暖かくなったり、寒さが戻ったり
4月というのに洗濯物はまだすっきりと乾かない。

それでもちょっと太陽が近くに感じるとなぜだか急に元気になって、外に出て伸びをしたりして掃除もはかどる。
玄関は特に大切。お客様をお迎えする場所だし、汚れていると招いていないものまで入ってくる。
と、玄関テラスを掃き掃除中に、今日はご予約をいれていなかったはずのお客様がやってきた。

「あれ、珍しいね。おはよう…」と、はき掃除を続ける私の前に来て
「にゃーん」とあいさつはしてくれたけど
そのままあいている戸口から中に入ろうと進む珍客。

玄関の戸口があいていて夜番を終えて休憩中のオポがいる部屋の戸口もあいている状態。
瞬時に部屋の中でオポがお客様を追いかけるシーンがよぎった。
急いで戸口を閉めようとするのと同時にオポが玄関に向かって部屋の中を走ってくる音が聞こえた。
ぎりぎりセーフ。
ちょうどオポが玄関戸口の前に到着したときに私が戸口を閉めた。

締め出された感じのお客様は少しご機嫌斜めだけど、そのうちまたゴロゴロとのどを鳴らしてテラスに体をこすりつけたりしていた。
その間、戸口1枚の向こう側にはオスワリして面会を待つオポがいる。

大きくて黒いものがいることがわからないのだろうか。
オポが気配を消しているのだろうか。
少なくともオポに殺気がないことだけはお客様の態度からうかがえる。
掃除を続ける私を横目にお客様はテラスを降りていった。
一方的に聴こえた言葉だと「じゃあ、また来るわね。」だった。

帰宅途中も庭で楽しそうなものがないかと道草をしていたので
お客様との対面を待ち望むオポをお見送りのため戸口から出した。

テラスの上で猫をみるオポ。振り返ってオポをみる猫。
イチ ニー サン シー Go!
と見つめ合いの後、オポが走り出すと同時に猫が走り出した。
もしくは、猫が走り出すと同時にオポも走り出した…かな。
似ているようでこのふたつは大違いだけどね。

玄関ゲートがふたりの距離を広げた。
ゲートの前で立ち止まり尾をゆっくりと振るオポ。
それを振り返って座って見るお客様。
見つめ会うこと数十秒。
お見送りは無事に終わった。

動物たちが身近にいる生活はなんだかうれしい。
人と距離の近い動物であれば緊張感も少ない。
少なくとも多少礼儀のある動物なら、一方的にこちらのものを奪ったりもしないだろう。

人と暮らす動物たちのすべてが人のことを知っているわけではない。
また、動物と暮らす人のすべてがその動物について知っているわけではない。
長い長い時間をかけて共に暮らしながら、お互いを知る時間をもう何万年ももってきたはずだけど
親子代々伝え継ぐはずの動物たちとの物語も、伝え継ぐ時間を失うことでいつの間にか消えてしまった。
そのうち外からいろんな情報が入ってきて、いつの間にかそれにすり替えられたりする。

わたしは猫と暮らしたことがないが母が猫のことを話してくれた。
「犬もかわいいけどね、猫もかわいいのよ。」
「お母さんは猫といっしょに寝ていたの。」
猫の話をもっと訊いておけばよかった。

「この本はすごく素敵な本よ。」
といって大切にしていた本を貸してくれた母。

その本は「野生のエルザ」。
トレッキング最中に動物と人のかかわりについて話していたときエルザのことを思い出した。
人の力を借りながらも自然とのつながりを持ち続けるエルザ
動物とのつながりを得ながら手を出しすぎない人間。

犬や猫は野生とはいえないけど、いやいえないからこそ
人は特にこの動物たちから学ぶことができる。

いつかそんなに遠くない日に、オポとお客様猫と私でいっしょになって話したりできるようになるかな。
それを実現するのはオポだけの成長ではなくて、飼い主である私の成長によるところが大きい。

小さな楽しみも成長の積み重ねから・・・ということでまず一歩。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Posted in オポのこと, 日々のこと

小さな幸せ

都会暮らしではちょっとしか関心がなかったのに、山に来て花が咲く日を待つようになった。
サクラもサクランボも今年も花を咲かせた。

毎日さくらの木の下に立ってつぼみの膨らみをみていた。
今日かな…今日かな…。
都会ではこんな時間をもとうとしなかった。
「さくらが満開」のニュースを聞いて、あわててさくらを見上げたりして。

山道もこの季節は花見で楽しい。

小さなすみれの花も群をなしてあざやかに輝く。
都会にも花は咲いていた。
たぶんすみれも探せばあったのだと思う。
でも、なぜだろう。
ここで出会う花は今までとは違う。
私も違うし、きっと花も違う。
周囲と調和して生き生きと輝いている。

ようやっとすぐ目の前で起きていることに楽しみを感じるようになった。
だから、遠くに楽しみを求めなくてよくなった。
その分忙しくなくなった。
幸せはいつも足元にある。

でもそれは、
暮らす土地と家があって家族がいてこそ生まれる幸せ。
こうしたものを突然失ってしまった方々の元に、一日も早く足元の幸せがかえってくることを祈る。
亡くなった家族はもう戻ってこない。
失ったものはもう戻ってこない。
生きることで生まれるものしかない。
生きることでまた始まる日々を取り戻されることを祈っている。

私が毎日生み出しているもの。
どうでもいい余計なものもいっぱい生み出してしまう。
もうそろそろ、そんなものは製造せずに、周囲が心から喜んでくれるものを創造する自分でありたい。

そうすれば、あの花のようになれるだろうか。
そうすれば、何かのお役に立てるかな。

どうだろう? オポ。

学校を見るオポ

Posted in オポのこと, 日々のこと

ホピからのメッセージ

天気予報は“晴”なのに、すっきりとした空にならない。
空というのは意識の反映でもあるから私たちの気持ちがすっきりとしないことを伝えてくれているのかもしれない。

こんな風にみんなが大変なとき
不安で仕方がないとき
何かが起こっているけどどうしたらいいのかわからないとき
情報はたくさんあるけど
誰が本当のことを言っているのかわからないとき。

そんなときに耳を傾けたい言葉は
地球と共に、自然となって生きてきた命の言葉。
人は文明と歴史に流されてとうに忘れてしまったことばかり。
でも人の中にも、まだそれを伝え続けている人々がいる。

先住民族ホピ族がメッセージが届いた。耳を傾けてみよう。大地の声が聞こえる人々の言葉に。
ビデオに登場する動物はイーグル。イーグルのメッセージは「精霊」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


Posted in 日々のこと

オポのひとり言

ボクたち犬という動物にはいろいろと仕事がある。

朝、夕のご飯の準備を催促しなければならないし
近隣の犬たちとテリトリーについて毎日確認するため テリトリーの境界線で必要な行為をする。

春となれば草も茂りはじめるためハーブをむしり食べる時間もいる。
来客が来たら吠えて飼い主につたえ、番犬としての役目も果たし
家の中にも「ベッド」などと呼ばれる敷物をいただているのなら
せっかくだから自分の居場所として確保することも忘れてはいけない。

ただ、この春の季節。こうしたことを多少控えてでもやるべきことがある。

“ひなたぼっこ”である。

これはボクたち犬の長い歴史の中でも伝統的に行われている大切なときである。
なぜ必要なのかを問われるまでもないだろう。
まだ経験が少ない、やり方を知らないという君たち、ガラス越しには効果が半減される
大地に耳をつけてその声を聞きながらすることをお勧めしたい。

これはいずれ役立つかもしれないしそう役立たないかもしれないが
やらないよりはやることをすすめる。
そのうちいろいろとわかるようになるよ。

飼い主がそばにいたらいっしょにこれをすることを誘おう。
これは人にとっても良いときとなり彼らが人という動物として成長するチャンスになるだろう。
犬は飼い主の教育も怠ってはいけない。

オポお昼ね22年3月-150x150






Posted in オポのこと

犬・ミラグロコース初級ク短期集中講座のご案内

当校で定期開催している「犬・ミラグロコース(旧名称 ドッグヒーラー養成クラス)初級クラスの短期集中講座を企画いたしましたのでご案内いたします。

犬・ミラグロコースは家族である犬へのタッチヒーリングができるようになることを目指しながら、
その過程において、犬とは、癒しとは、そして人と犬との本来の関係とは…について

みなさんと共に学び、気づき、実践していくためのクラスです。
「人と犬の本来の関係について」がテーマですので、技術を身につけるものでもなく、知識を増やすためのものでもありません。

このクラスの柱は私がパートナーの犬のオポから受け取ったメッセージです。
犬について、人について、自然について、きっと何かみなさんの心にも触れる言葉があるのではないかと思います。

様々な参加者とのセッション、ヒーリング体験を重ねることで体感し、そして心をノックすることを続けていきます。
初級クラスは半年近い時間をかけて練習や体験を重ねるクラスですが、今回は遠方から参加を希望する方のために、短期型とさせていただいております。
そのため、自分に起こる気づきや学びや体感は、初級クラス参加後もグッドボーイハートと縁をつなぎながら離れていても仲間として共に学び続ける道としてご参加ください。

共に歩いているうちに少しずつ確実に何かを得ていかれることでしょう。
ヒーリングといった見えない世界に親しんでいらっしゃらない方も、期待せず、価値観を捨ててご参加いただくことで、自分の世界をひとつ広げるチャンスとしてください。
このクラスを通して、またすばらしい出会いがあることを楽しみにしております。

猫さんをおくる-150x150


Posted in クラスのこと

祈り

東北地方太平洋沖地震で被災されているみなさまにお見舞い申し上げます。
この地震によりこの世を旅立たれた全ての命のご冥福をお祈りいたします。
助けを待っている人と動物たちがその光をつなぎますように祈り続けております。

不安で心配でいろんなことを考えるかもしれない。
自然と動物たちがいつも教えてくれる
自分の意識を変えることで起きていることが変化していくことをおもいだしてほしい。

できないことを考えて数えるより、今できることはすぐに行い、明日できることは明日する。
起きていることで気づくことは感謝して受け取り、心のあり様を変えるチャンスとする。

人の気持ちを察して共感するのだったら、その次は愛となってそれを必要としている命に届ける。

祈りは続くけど、変わらない生活。
夕方6時には外は真っ暗、部屋は少し寒い。
トイレの便座はつめたい。
水は手をさすほど痛く、夜は布団に包まって丸くなる。
停電でも節電でもないけど電子レンジもないしテレビもない充分すぎるほどの生活。

太陽と共に起き、そして眠る
山の中で食べられるものを探し山の上に座ってずっと何かを聴いている
こちらも変わらないオポ。

今日、山で涙が溢れて来た。涙が出るなんてめったにないのに。
かわいそうでもなく、悲しいでもなく、怒りでもなく
不安でも心配でもない。
涙は広がる愛の力を受け取り感謝の気持ちと共に流れた。
こんなにも気づかせていただいている。
こんなにもできることがある。

生きているものはやることがある。
明日も、あさっても、私たちは山に登る。
こんなことが起こっても起こらなくても祈りは毎日続いている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Posted in 日々のこと

リンゴのはなし・完結編

1月のこのブログでリンゴとオポと鳥についてのお話をのせた。
鳥が食べつくして終わったと思ったリンゴのはなしには続編があった

雪解けまじかの2月の出来事。
春の兆しにオポもなにやら忙しそう。
庭のあちこちで芽吹く草のにおいをとってご満悦である。

優秀な鼻は雪の中になにか大切なものをみつけたらしい。
鼻を地面に押し付けて真剣な面持ちである。
そして、ついに行動を開始した。
雪を前脚で細かく掘り起こし始める。

雪の中から出てきたものはリンゴの一部だった。
木の上に置いたリンゴを鳥たちが食べ
食べつくしてしまったのだと思っていたけど
つついているときに小さくなったリンゴが地面に落ちたようだ。

リンゴの上に雪が降り積もりリンゴの居場所を知る動物はいなくなった。
そして大雪が解け始めて、地を歩く動物に運が回ってきた。
暖かくなる日々の変化でリンゴは少し茶色になって発酵を始めていた。
犬にはちょうどたべごろである。

こうしてリンゴはそれぞれのおなかにおさまっていった。
犬ナティボも勝利の声をあげた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


明後日、3月3日から犬・ナティボコースがついに始まる。
クラスを通してまた犬ナティボの新しい発見があるかもしれない。

Posted in オポのこと, 日々のこと

子連れ母さん:山に暮らす動物との貴重な出会い

ここもずいぶんと暖かくなってきた。
白は茶から緑にかわり、飛んだり歩いたりする生き物たちをみかけるようになった。

オポとわんこ山で過ごす時間も自然と長くなる。
雪の中に座りこむのはちょっとしんどいけど、こんなに春を感じる冷たい風なら大丈夫。
山の休憩場所に伏せて土を思いっきり体で感じているオポ。
さて、もう少し先へ進もうかと腰を上げて共に歩きだす。

山道を歩き始めたところでオポの鼻先が風の臭いをとる。
その瞬間、オポの鼻先の方向に動物たちが横切った。

いの母さん(イノシシのお母さん)、うり1号、うり2号、うり3号…
育って単独で行動する猪は、犬と人の気配に対する行動は早い。
だが、この母子集団の動きはいかにも遅い。

先頭のいの母さんはうり坊たちの走る速さに合わせているのがわかる。
前後の間隔も保ちながらも一列になって尾根を越え、来た場所へ戻っていった。

「で、そのときオポは?」 はみなさんの定番の質問。

彼はいの母さんとうり坊やたちが尾根を超える直前まで立ち止まってその動きをみていた。
いの母子集団がもう少しで見えなくなるというときに、少し早足で近づいた。

さて、どちらへ?

猪の去っていく方向へ追いかけたのではなく、さきほどまで猪がいた場所の方に動いた。
猪は私たちの位置から10メートルくらい先を横切る形でいなくなった。
猪を追いたいのなら左に行くべきところを、猪がさっきまでいた右へ移動したのだ。
そして彼らがいた場所の臭いをとり、だれであったかを確認していたようだ。
その後も走り出してそれを追うことはない。

もう何回かこの場所で猪に遭遇したが、オポが興奮したり毛を逆立てたり
走って猪を追いかけたりする様子をまだみたことはない。

尾根越しの鉢合わせではなかったのでどちらも緊張感が高くはなかった。
もう少しいうと、今回遭遇した場所は私たちが休憩していた所からそれほど離れていない。

知ろうと思えばお互いに相手の存在を知ることができる距離なのに
それを知る必要がないということがすべてをわかりやすくしてくれる。

うり坊を追いかければ、もちろんいの母さんは攻撃に転じたかもしれない。
なにしろうり坊は犬でいうと8キロくらいのサイズで、犬にとっては「ごちそう」だからね。

オポの行動も私の行動も、ひとつ違えば全てが違う。

「山で猪にあったらどうしたらいいんですか?」とよく聞かれる。
つまり、
犬にリードを付けるか首輪をつかむ
犬を声で呼び戻す
何もせずに犬に任せる
逃げる
などのどれを選択すればいいか、ということを聞かれる。

申し訳ないけど答えはない。
「猪に出会ったら、あなたと犬は何を感じどう行動するのか?」
という質問に自分で答えを出すのが先かもしれない。

おなかの空いていないオポが単に動物をおいかけて遊ぶこともない。
若い犬なら遊びの対象にするかもしれないけど、それはそれで学ぶことは山のようにある。

何が起こったのか、どう対応するのかも重要かもしれないけれど
自分の中に起きていることを知ることが最も大切なことだから。

いの母子家族に出会った私たちに起きたことを言えば「共に生きている」ことを知ったこと。
先の質問に答えがないなら「答えが出るまで出会うチャンスがあるだろう。」
チャンスはなんどでも来る。それをチャンスと思えば、ね。

PB065347-150x150

Posted in オポのこと, 自然のこと