グッドボーイハートは人と犬が共に成長して調和することを目指すドッグトレーニング・ヒーリングスクールです。

トップページ
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

変わる生態系と猟

知人のお友達が猟師という仕事に転職されたということで
会ってお話を伺う機会を得られました。

猟師やイノシシ猟などに対する以前の私の姿勢は、多少嫌悪的な部分を含んでいました。
福岡や佐賀の山では、毎年3月の猟期になると次のシーズンには使われない猟犬たちがたくさん山に放置され、捕獲されているという現状を目の当たりにしてきたからです。
「猟のために犬を使い、いらなくなったら捨てる」
そんなことが行われている「猟」という作業に、違和感を抱かずにはいられませんでした。

ところが、犬のことを考え、自然とのつながりについて考え、そして生態系という環境について知る中、猟師という存在についても前とは違う関心を持つようになっていました。ですから、今回、直接現場のお話を聞けたのはとてもラッキーでした。

狩猟の対象になっているのは、農作物に被害を及ぼしその頭数が年々増えているため捕獲すると報奨金の出る「イノシシ」と「シカ」だということでした。
州のある地区のイノシシとシカの捕獲数は1シーズンで1100~1300にものぼっているそうです。
捕獲しなければいけない頭数が決められているのかと思ったら「いくらでも」ということでした。
ところが、これだけの数を捕獲しても頭数はまだ増え続けていて、このままいくと報奨金もおいつかなくなるのではないかというほどの数になっているそうです。
そうなると、捕獲した「イノシシ」と「シカ」はその後どうなるのか、ということころが気になるところです。実はこれが本当に大変なことらしく、解体の技術的な問題、解体に必要な設備、解体後の処理の仕方と猟師さんによりマチマチで、できることもやりたいこともそれぞれに違っているようでした。

解体に時間と手間をかければかけるほど、安く販売しすぎれば赤字になってしまいます。
でも捕獲した獲物は大量にあるので、どのように流通で販売していくかということを考えていかなければいけないそうです。報奨金だけが目当てなら猟の後にその獲物は山中に放置されることになります。猟師としてこれはできないということですが、命をいただくなら大切に食するというのは、私たちが小さなころから教えられた礼儀のようなものです。そこで消費対象者を絞るとターゲットの入り口は犬になります。
ペットショップでもシカ肉のジャーキーが販売されているのを見られたこともあるでしょう。シカ肉やイノシシ肉の生肉をネットショップで販売しているのをご覧になったり、すでに犬に与えている方もいるかもしれません。犬たちは事情を知る由もないため「最近シカジャーキーがやたらと多いよね。」とお気楽に喜んでくれそうです。


しかしなぜ、こんなに農作物の被害が多くなったのでしょうか。理由はひとつではありません。
たくさんある理由の中のひとつには、日本の山からオオカミを消し去ってしまったことがあると思います。
戦後西洋から新しい価値観が入ってきて、みんなが洋服を着てハイカラさんになっていくとき、オオカミに対するひとつの価値観が入ってきました。「赤ずきんちゃん」です。オオカミは怖いて恐ろしい動物で、絶滅させなければいけないという価値観に変わり、オオカミの駆除のためにやはり報奨金が出されていたのです。オオカミの頭蓋骨の数で報奨金が決まるので、猟師さんたちはたくさんのオオカミを駆除したことでしょう。そして日本の山からオオカミはいなくなりました。オオカミはイノシシとシカを捕食する動物だったので、捕食者がいなくなったことでイノシシとシカの数は増えていきます。

時代は変わり、今は「イノシシ」と「シカ」に報奨金が出ます。人の力は小さいもののように思えるのですが、それでも人の動物に対する価値観が生態系の形に影響を及ぼして来たことは、まぎれもない事実です。日本のオオカミは一説では絶滅した、一説ではまだ生きていると意見もさまざまです。真実は山しか知りません。
私たちが知ることができるのは、私たちが何を大切にしたのかということ。行き当たりバッタリの対応は、日本オオカミのくり返しになってしまいます。山の動物のこと、猟師さんだけの問題ではなくて私たちの問題として、そして、私たちと犬の問題として考えていきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

Posted in 犬のこと, 自然のこと

雨の日の散歩が嫌いですか?

沖縄に梅雨前線が上がってきました。福岡の梅雨入りも秒読み態勢にはいりましたね。

ある飼い主さんから、雨の日の散歩についてこんなご不満をうかがいました。
「雨の日は散歩に行きたがらないんですよ。排泄もなかなかしてくれなくてガマンしているみたいだし…。」

「雨の日に犬が散歩に行くのを嫌がる。」
これにはいくつかの理由が考えられます。

ひとつは、そもそも動物は雨の日には活動量が落ちるという理由です。
雨の日は地面の臭いは、いつもとは異なるものになります。
晴天の日に臭いをとりながら家の周囲のなわばりについて確認するための散歩も、
雨の日となると臭いの変化が起き普段とは異なる環境になります。
また、雨の日は神経がリラックスモードの方に切り替わりやすい状態になっています。
そのため動物の活動性が抑えられます。
雨の日は屋内でゆったりした作業をしたくなるとか、ですね。
それでも小雨程度なら平気です。普段と変わらず散歩を楽しみます。

たいした雨でもないのに散歩に行きたがらない場合に考えられること。
ご自宅のワンちゃんはどうでしょうか。

このケースの中には、犬の被毛の状態によることが結構あります。
被毛がいわゆる「人工的な毛質」である犬たちです。
たとえば、クリクリのぬいぐるみのような毛、シルキーなやわらかい毛、長毛であること、
毛がほとんど生えていない、毛が非常に短い、などの犬たちです。

これらの毛質では、犬のレインコート代わりのはずの被毛は、水をはじきません。
水を吸い込むタオルのようにビショビショになってしまい、その姿は濡れぞうきんのようです。
表現として可愛そうですが、スミマセン。
ですがこれは本当のことで、服を着たまま雨にぬれた私たちと同じ、いやそれ以上に過酷な状態なのです。

特殊な毛質になったのは、人為的な繁殖によって本来の毛質を失ってしまい、
イヌ科動物としては本来のものではない毛質を残されてきたことによります。

「えっ!なんで?」と思われるでしょうか。
答えは簡単です。そもそもその繁殖の目的は「人為的」であり、
繁殖で残される形質は「人の為」であるからです。

こうなると犬にレインコートも必要だということになってきます。
被毛がコートの役割を果たさないのだから、代わりのものを着せるしかありません。

人工的な被毛はすべての犬が100%水をはじかないわけではありません。
それぞれの被毛の質は個体による差異もあり、中には若干その役割を果たしているものもあります。
また、毛質を少し鍛えることで、ぬれにくい状態をつくっていくことが可能な場合もあります。

犬の被毛の状態を良く見ながら、必要な対応をしてあげてください。

天気により極端に行動が不自由になることなど、動物にとっては大変なことです。
レインコートや傘をさして歩く私たちと同じようにはとらえられない問題です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

Posted in 犬のこと

理解されるということ

今日はオポが少年期にお世話になった山暮らしをしている知人の家を訪ねました。

オポは7歳まで博多のマンションの一室で飼い主の私と暮らしていました。
オポが1歳を過ぎたころに、犬の雑誌の編集の仕事をされていたその方と出会いました。

都会暮らしでありあまった元気なオポを見て「うちに連れておいでよ。」といっていただきました。
その方の家にも2頭の大型のオス犬がいて、自然の澄んだ空気の中で山を歩くのが散歩になる生活は、
私のあこがれそのものでした。

オポはこの家の近くの川で遊んだり、年上のお兄ちゃん犬とコミュニケーションをとったり
山道を散歩したりして、都会のストレスを発散させていました。オポにとってのオアシスでした。
連れてくると必ず「帰りたくない」シグナルを連発するので、私もへこんだものです。

この出会いがあり、私とオポはある転機に七山という奥山に引っ越すことを決めました。
それからオポが七山を離れることはなく、再会をしたのはオポが亡くなる2年前でした。
オポが体調を崩していたこともあり、元気な姿を見せることができなかった事は気がかりでしたが
そんなオポでも立派に年をとり真剣に生きていることを受け取ってもらえるのでは、という思いもありました。

オポと私が博多の街中で暮らしていたときに、
「オポがいなくなったときの宮武は見たくない。」といわれたことがあります。
思い切って「オポがいなくなってからの私はそんなにひどいですか?」と尋ねてみました。
すると「最後にオポとあなたを見たとき、すでにそれは感じなかった。」といわれました。
私がオポに起きることを受け入れる準備ができている、そういう関係だったと感じられたということでした。

七山という場所で暮らしたオポと私の間に起きた関係の変化を読み取ってくださったことが、
とてもうれしく感じられました。
すべての人に理解してもらうことは不可能だと思うことは、
理解されなくても仕方ないという諦めの気持ちにもなってしまいます。
そういう深い部分を説明しないのに感じ取り理解されているということは、心からの安心感につながります。

これは犬と人の関係にもつながることではないでしょうか。

犬と人は種の異なる動物であり、基本的な行動もコミュニケーションや習性も異なります。
だからこそ、犬が飼い主さんに理解されたときに感じる安心感は特別なものだと思います。

お互いを理解するというのは、最高のコミュニケーションと関係作りです。

「うちで鍋以外のゴハンを出すのは“最大の歓迎”ってことだからね。」といわれ、
しっかりと味の付いたお手製スープを食べさせていただきました。
分かりやすいシグナル、コミュニケーション。全て犬がお手本ですね。


テント場のオポ2


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

Posted in オポのこと, 日々のこと, 犬のこと

動くものを追う行動は本能なのか?

昨日のブログに、山歩き中に野うさぎと出くわしたことを書きました。
「犬の反応はマチマチです。」という文章を読んだときに
「うちの犬だったら追いかけただろうな。」と思われたでしょうか。
「うちの犬だったらどうしたんだろう、予想がつかないかも。」という方もいるでしょう。

猫を追いかけたり、走る子供を追いかけたりする、動くものを追う行動を
「犬の本能」だといわれることがあります。
他にも動くものとして、枯葉とか、ハエ、トカゲ、ヤモリなどもありますね。
本当に「動くものを追うことは犬の本能」なのでしょうか?

動くものを追うことが本能だといわれる所以は、犬が捕食動物だからです。
獲物を食べるために捕らえる行動をするため、その獲物を追いかけるという行動をします。
それが「動くものを追う」という行動と同じことになります。

ですが、動くものならなんでも追うというわけではありません。
ボール遊びが好きな犬が、転がっていくボールを追いかけていくのは
そのボールを食べるためではありません。

トカゲやミミズなどの動くものを追って殺してしまうこともありますが
それを食べるわけではありません。

犬が捕食行動に入る際には、いくつかの条件が整っていること、また
捕食行動が始まる際の行動のパターンというものがあって、そこから捕食行動が始まっていきます。

いくつかの条件のひとつには、捕食を必要とするほど空腹であるということです。
野生動物が無駄に食べ過ぎていないことはみなさんもご存知ですね。
捕食しすぎたらえさがなくなってしまうなどと、生態系の維持を考えているわけではありません。
捕食行動にはエネルギーを必要とするため、無駄な捕食はしないという機能が備わっているためです。
ペットの犬たちはいつもお腹いっぱい食べています。空腹知らずといってもいいでしょう。
犬がいつもお腹をすかせているように感じるのは、3日分くらいは一度に食べて消化する機能、
つまり「食べためる」機能も持ち合わせているからです。
空腹知らずとはいえ、人の味わう満腹感を知っているのは、
留守中にドッグフードの袋に頭をつっこんで食べたことのある犬くらいです。

捕食行動の始まりのパターンは、目の前を通り過ぎた動物をいきなり追いかけるという
行動からは始まりません。
特にテリトリーから離れて、グループで移動の最中には、自分だけがそのグループを離れる行動は
できないのです。
グループを衝動的に離れるということは、群れを離れるということ、社会性の高い犬にとって
最も危機的な行動になります。

動物はいつも自分の身を守る必要があります。
捕食に関する行動は自分と群れの安全が守られていることが前提で、計画的に行われています。

移動中に目の前を野うさぎが横切ったら、一旦停止し環境を確認し異変がなければ前進、という行動が群れ全体を安全に導く行動です。
衝動的に走り出そうとする犬がいれば、制止の声を出して止めるのが管理者の役割です。

野うさぎに気づきもしなかった犬は環境の変化に対する理解力が低い状態です。
このタイプの犬はのんびり屋さんではないのです。環境を把握する能力が低いのは
能力の違いのひとつですが、併せて経験不足と遺伝的な情報不足によるものがあります。
ビックリすると走り出す可能性もありますので、細心の注意を必要とする常態です。

犬が「動くものを追うのが本能」ではあるのですが、細かくみるとそうばかりでもないということです。
自由な環境を与えられないため、衝動性が強い犬が増えています。
環境制限をしていれば衝動が強くても事故にはつながらないからです。
ハエやトカゲ、道路に舞う葉を追っている犬たちは、本能に従っているのではない、ということなのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

Posted in 犬のこと, 自然のこと

わんげる・ミーティング開催しました

今日はわんこ山でのデイキャンプ「わんげる・ミーティング」を開催しました。
少し蒸し暑くなってきたけど、まだ風の冷たいこの季節に山で過ごせるのは最高です。

春から夏にかけて、また山の風景は少しずつ変化していきます。
春が始まるころは、色とりどりに咲く花や、小鳥達のさえずりに心ときめくものですが、
梅雨入りを意識する頃になると、苦手な虫の出現に悩まされるものです。

今日は特に蒸し暑く、蚊の数が今までよりグンと増えたと感じました。
ところが、この人も犬も苦手な蚊の姿も、山の奥に進むほど数が減ってきます。

何が違うのかというと、山の樹木の種類が違います。
人里に近い山にみられる樹木は、ほとんどが杉や孟宗竹です。
これらの樹木は手入れが不十分な山では、日当たりが悪く暗く湿気も多いのです。
蚊はこういう環境を好みます。杉林では蚊柱を見たこともあります。

人里から離れていくと原生林がひろがってきます。
100歳を迎えているであろう樹木とその子供の木々が立ち並びます。
森の中はやさしい日差しが差し、心地よい風が吹いてきます。
この景色の中には蚊が見当たりません。

人里近くに蚊を寄せ付けてしまったのは、人が作った環境だということです。

わんこ山は当初手入れをされていない杉林だったものを、広葉樹に植え替えて今年で10年を迎えます。
木々は育ち日陰もずい分できるようになりました。

下山の途中に、私たちの列の間を野うさぎが走って横切っていきました。
後を追おうとする犬、うさぎに気づかなかった犬、対応はマチマチですが、
こうした出会いも珍しいものです。

暗い杉林が広葉樹の小さな森になりつつあり、木陰ができて草が生えて
そして、野うさぎが戻ってくる。

わんこ山はますます活気づいてきそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

Posted in クラスのこと, 犬のこと, 自然のこと

犬の無償施設を考える

移動の際に時間調整の余裕があるときは、車の中で本を読んでいることが多いです。
あまり立ち寄らない場所のときには、周辺を歩いたりもします。

ブラブラしていても気になるのは、いつも犬にまつわることです。

初めて立ち寄ったホームセンターの一角に「ドッグラン」の看板がありました。
戸建ての庭くらいの小さなタテ長いスペースで、囲いが施されていました。
施設併設タイプの簡易的なドッグランのようでした。

しばらく見ていると、そのドッグランの中にいる小型犬が
囲いの中に入ってこようと入り口に近づいた別の小型犬に吠え立てていました。
吠え立てる飼い主さんは犬の名前を呼び続けます。犬はおかまいなしに吠え続ける。
囲いに入ろうとした飼い主さんは、躊躇なく囲いを開けようとしています。

簡易施設のためか、ドアは2重ドアにはなっていません。
ドッグランは開閉時の犬の逃走を防ぐために2重ドアにするのが一般的です。
出入り口は1箇所しかありませんので、出入りの際のトラブルにつながります。
他の犬が入ってくるときにすぐに外に出られるようにするためには、出入り口が対面方向に2箇所必要です。

こうした簡易のドッグランと名づけられる施設が増えているように思えます。
外でリードを外す機会のない、特に集合住宅で飼育される飼い主さんは
犬のリードを外して自由行動をさせる場所として気軽に利用されるのかもしれません。
ですが、飼い主さんのせっかくの好意も、犬にとっては負担になることがあります。

狭いドッグランは犬の排泄場所に使われていることがあります。
犬の大量のマーキングによる排泄の臭いは、犬にストレスを感じさせます。
それぞれが「ここはボクのなわばりだよ。」と主張しているわけですから
たくさんの落書きであふれ、互いの闘争的臭いが撒き散らされています。

ドッグランの中に入れられている犬が、柵の周囲から観衆によって見られていることもあります。
離れてみると動物園の檻の中にいれられている動物のようです。
ストレスを感じる犬は、とたんにストレス行動を表現します。
その行動を理解してもらいドッグランから救出されれば良いのですが、そうもならないようです。
犬が動けば「かわいい」と声がかかります。
犬の真剣なメッセージが伝わらないことがよくあります。

犬のための無償提供の施設を利用される前に、ぜひ考えていただきたいことがあります。

何のために利用するのか。
その施設はその目的を達成できるものなのか。
自分の犬はそこを利用することに満足しているか。
満足していると感じるなら、どの行動を見てそう感じるのか。

ということです。

日本では個人の住居や庭のスペースは、特に都心では限られたものです。
そのため、あらゆる施設が小さくなってしまうのは止むを得ないことかもしれません。
ですがこのことは混乱せずに、分けて考えていただきたいのです。

犬にとって自宅の庭が狭くなってしまうのは受け入れるべき事実です。
小さな庭でもその犬にとっては「自分だけのなわばり」ですからそこで争うものはありません。
ただ、犬たちが共有で使うスペースとなると「狭くてもいいよね」ということでは済まされないのです。

答えは全て「犬の行動」にあります。

犬がどこでどのように過ごすのか、機会提供をしているのは飼い主さんです。
いつも犬と会話して、いっしょに良く過ごせる場所を見つけてほしいです。

明日は七山校でわんげる・ミーティングというディキャンプがあるため七山に帰ってきました。
薄暗かったのですが、近くの猫ちゃんがウロウロとしていました。
声をかけるとよってきて、体をすりつけながらミャーミャーいいます。
自分なりに返信をすると、さらに目を大きくあけてしっかりと見つめながら、大きく口をあけてミャーとさらに鳴きます。
猫語レッスンもなかなか難しいものです。
「今日はこのくらいにしようね。」というと暗闇に消えていきました。
理解したいという気持ちが、理解できたときの感動につながります。
猫の先生は気まぐれのようで、次回のレッスンはいつになることでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

Posted in 日々のこと, 犬のこと

犬の要求吠え

犬のしつけやトレーニングで相談の多いものの中に「要求吠え」があります。

要求吠えが激しくなってしまった要因のひとつは、飼い主さんの対応です。

犬→ワンワンと吠える
飼い主→お腹がすいているのだろうと思って食べ物を与える

犬→キュンキュン吠える
飼い主→寂しいのだろうと思ってそばにってなでる

要求吠えの対応の一番は「要求に応じない」ということです。
要求する→要求したものを引き出す
という単純な構造なので、単なる犬の要求吠えはすぐに収まると思われます。

ところが、収まりがつかない場合があります。
収まりのついていない状態としては、要求に応じなかったら吠えるのを止めた、
だけど数日たっても同じ状況になると吠え始めるというものや
要求に応じなかったら吠えるのを止めた、でも別の状況では吠えるようになった、などはその一例です。

犬が要求しているものを誤解しているとか、
実は吠えているのは要求吠えではなかった、というものです。

人にも様々な欲求があるように、人ほどは複雑でないとしても犬にもいろんな欲求があります。
人よりもずっとシンプルで、動物として生きていくためにこれらが満たされればその欲求はすぐに収まります。
要求しているものが「食べ物」だと勘違いしてしまっても、最初は食べ物を与えると一旦吠えが止まります。
そのため、飼い主さんは犬の要求吠えが食べ物なのだと思い込んでしまうのです。
ですが、すぐにまた要求吠えが始まります。
犬としては、本当に必要だったものは「別のもの」だったのだけど、
食べ物を出されたから、それはそれで食べた、というだけの話しなのです。
「いや、それじゃなくってさ」と言えないところが犬なのですが、
実際には私たちもそのときは出されたものを受け取ることに精一杯ということはありますよね。

犬が過剰な要求をしてくると受け取られるかもしれませんが、犬の要求は動物として正常の範囲内である場合がほとんどです。
異常値をきたしているのは人工的な繁殖によって犬の機能性の一部が壊されている結果です。
もしくは、飼育環境のストレスからおきる過剰な要求があります。

犬の要求に応じない→犬が吠えないトレーニングが成功した場合は、
一旦トレーニングは成功したように思えるのですが、犬の欲求が本当に満たされているかどうかを全体を把握して理解してあげてほしいのです。

飼い主さんに受け入れられたい、愛されたい犬ほど飼い主さんの反応に敏感です。
本当に必要なものを得られていないのに、諦めてしまうことがあります。
「うちの犬はすぐに諦めるから…」という場合には注意を払ってあげましょう。

諦めるの本来の意味、つまり「明らかになって理解するから行動を変える」という良い反応であるときは、犬は成長のひとつを学んだことになります。

また、犬の要求吠えだと思われていた行動が、過剰な要求の場合には
その犬のストレスが生じている問題について考える必要があります。
過剰な要求はコミュニケーションとはいえません。
またそれをしなければいけない犬の方は、とてもきつい状態にあります。

人との暮らしの中で犬は必要なものを十分に得られたようにも見えますが
失ったものもあります。

ともかく、要求吠えは犬のサインのひとつです。
そのサインの出すメッセージの意味を読み解いていきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

熊本地震で被災された飼い主さんとペットを支援する活動を行っています。
できることから少しずつ取り組んでいます。
関心のある方はぜひご覧になってください。

Posted in 犬のこと

写真掲載が少ない訳

先日、生徒さんのスマートフォンでFacebookを見せてもらいました。
ほとんどの記事が文字だけでなく、写真を中心に載せられています。
ブログも同じように、写真を中心に数多く掲載されているものもあるようです。

グッドボーイハートのブログは、写真掲載が少ない方だと思います。
場合によっては文章だけのこともあります。
掲載されている写真も文章とは無関係のことが多いです。

なぜ写真掲載が少ないかというと、写真を撮るのがあまり好きではないからです。
さらになぜかというと、写真を撮ることに気持ちがいってしまい
目の前で起きている大切なことを見逃したくないからです。

特にクラス中には、写真撮影をしようと思っているだけで
どの場面を映そうかという気持ちで見ているために、見逃しが多くなります。
その一場面、今起きていることを見た瞬間に感じることが大切なのです。
特に犬のことを見ているときは、見た瞬間に自分が何を感じたかに焦点があります。
直感的に得た情報というのは重要なもので、それは一瞬ではいってきます。
そのため、写真は限られた時間にしか撮影しません。

もうひとつ大切なことがあります。
犬が撮影されていることを意識し始めると、行動が変わってしまうことがあります。
写真を撮るときは、「こっちみて」とかポーズを決めさせたりしないで
犬が気づいていない状態で撮影して欲しいのです。

クラスに参加される生徒さんにも同じことを約束していただいています。
写真撮影を目的にしないこと
写真撮影に熱中しないこと
写真を撮ることで犬の行動を妨げないこと

思い出の写真は心温まり安らぐものです。
だから写真撮影を否定したりはしません。
良い表情があったら時には写真を撮っていただいて構わないのです。
ただ、それが目的とならないようにお願いしたいということです。

犬のオポも写真撮影は嫌いでした。
ブログに掲載するためにたまにカメラを持っていき撮影しましたが、
自分の目で見た感動は、とても写真に表現されているようなものではありませんでした。

ということで、このブログにはあまり写真は掲載されません。
ですが、写真では伝えられないようなことを文章にして伝えていきます。
そのためにも、写真撮影よりも肉眼で見ることにこれからも集中します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

Posted in クラスのこと, 日々のこと

フリーズ!

映画の台詞にある「フリーズ!」。訳すと「動くな!」ですね。
この後に来る台詞イメージできますか。

「動くな!…動くと撃つぞ。」という感じでしょうか。

実は犬にもこの場面が結構多いのです。
「動くな!動くと攻撃するぞ。」という感じになります。

犬と犬が近づいたときに、片方が臭いをとろうとして
片方が動いてしまったときに「ガウガウ!」となったことありませんか?
これがまさにこの場面の犬語版です。

たいていは威嚇した犬の方が失礼な犬として叱られているようです。
叱られる犬の方は不本意でしょう。理由はこうです。

犬と犬の関係性においては、テリトリーの主張権や
社会的に地位が高いと思われる犬は、それよりも下の犬
もしくはテリトリーに入ってきた犬を調べる権利を持ちます。

権利というと一方的な受け取られ方をされるかもしれませんが
この権利はお互いの関係を明らかにして安定させるために必要なものです。

そのため、調べられている犬の方は「じっとしておく」必要があります。
相手が十分に自分の匂いを嗅いで調べ終わるまで動くことを許されません。

ところがこの「フリーズ」ができない犬が多くなってしまいました。
人に可愛がられることはあっても、礼儀というものを身に付ける機会がなく
社会的な緊張に耐えかねて動いてしまうのです。

その時相手の犬は予告通り攻撃、つまり威嚇に転じます。
脅しではないのです。本当に威嚇してきます。
威嚇した犬の方には悪気や相手を傷つける意図はありませんが、
逃げる速度が速く相手を再度「動くな」の状態にするために
強く引き止めることで相手側が多少の怪我をすることはあります。
それでも2度目の「動くな」で制止が聞けば、まだ良い方です。
これでも止まれず走り出そうようでは重症です。

動いてしまい威嚇された犬の方の成長に及ぼす影響について考えます。
「攻撃されてかわいそう」ではなくて、「このままで大丈夫か」という状態なのです。

これは犬と犬の社会的関係だけでなく、自分の身を守る術として応用されるからです。
なぜかというと、動物は万が一のときには一旦止まることで身を守ることができるからです。
自分の意志でじっとしているということと、動けなくなるというのは違いがあります。
驚いて走り出す前に、一旦止まれということです。

これができないということは、衝動的に走り出したり逃走したり
パニック行動をしたり、攻撃行動が出やすくなってしまいます。
これらの行動は自分を窮地に追いやります。
危険行動を防ぎ身を守る術を身に付けるため、犬は小さい頃から社会的な力のある犬に対して
「相手が十分に自分を調べ許可を得るまでは動かない。」という行動を身に付ける必要があります。

社会的に力のある立場のものから臭いをとられる年齢は3歳くらいまでです。
3歳を超すと人の年齢でいう社会人になってしまってしまうため
礼儀のない状態であっても、教えてもらえる立場にはありません。

子犬のころに学ばなければならないことはたくさんありますが
こうした力を身に付けるチャンスがないということは残念なことです。

ですがこのブログを読んで犬と犬の関係性を急がないでください。
また、思い込みによる読み違いを見逃さないようにしてください。

時には力のない大人の犬が子犬をいじめてしまうことがよくあります。
「いじめられている」のに「教育している」と飼い主さんが勘違いしていことがよくあります。
もちろんいじめている犬の方にも悪意はありません。ただ自信がないだけです。

うまくいかない犬と犬の関係には上手な人の介入も必要です。

まずは犬のコトバをきちんと読み解くこと。
犬と犬のコミュニケーションはわかりやすく、理解すると楽しいものです。

142






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

Posted in 犬のこと

昭和の犬

最近はインターネットでも気軽に映画がみられるようになりました。
映画「ALWAYS 3丁目の夕日」を久しぶりにみました。

犬が主役の映画にはあまり興味がありませんが
映画の風景として隅っこの方に出てくる犬には注目してしまいます。

この「ALWAYS 3丁目の夕日」は時代設定が昭和30年代だということもあり
まだ私が生まれていない時代で少し豊かになり始めているころの
犬や猫がどうしていたのかを知る機会になります。
映画の時代表現が正確であればあるほど「犬はこうしていたよね」
という事実に基づいて作られているので、信憑性も高まります。

映画の中の犬は、和犬風の雑種で体重は7キロくらいのやせっぽちの犬でした。
もちろんリードにつながれていません。首輪もしていません。
子供達が遊び相手にして触ったりしています。
子供に反応はしないで、辛抱強く餌をまっている感じですね。
誰が飼っているという感じでもないですが、誰かが餌を与えているのでしょう。

猫もいました。玄関の外に座っていてひなたぼっこしている感じ。
人を気にすることもなく、こちらも誰も飼っていないようです。

家の前の道はまだ土です。車もたいして通りません。
家事が大変な時代で、主婦は一日中家で仕事をします。
だから家やその周辺は奥さんで溢れています。玄関戸口も空いたまま。
冷暖房がないので熱気が出ることもありません。

そして映画の中では駐在さんが家にチラシをもってくる場面もありました。
「狂犬病が発生しています。大変危険ですので野良犬には近づかないように下さい。」といわれます。
狂犬病予防法は昭和25年に施行されているのですけど、一般の方には
それほどの脅威は感じられなかったのでしょう。

あれから60年。
人の生活が変わり、人の価値観が変わりました。
それに応じて犬の生活も変わり、生き方にも変化を強いられます。

今わたしたちが見ている犬の姿が全てではないのだということを
映画の一場面が教えてくれます。
昔のことだからと人は思うでしょうが、犬はどう思うのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
熊本被災ペット支援ネットワーク
http://kumanimal.blog.fc2.com/blog-entry-3.html


Posted in 日々のこと, 犬のこと