グッドボーイハートは人と犬が共に成長して調和することを目指すドッグトレーニング・ヒーリングスクールです。

トップページ
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

<クラス>プライベートトレッキングクラスで学ぶ大切なこととは

梅雨明けを待ち望んだトレッキングクラス開催

 

梅雨明けを楽しみにしていた犬ちゃんと飼い主さんたちが週末にトレッキングクラスに参加されました。

コロナ禍で福岡から佐賀までの移動も遠慮がちだったのですが、様々な工夫をしてもう動き出さないと子供も犬も心の病気になってしまいます。

今週は子供たちも虫かごを手に犬ちゃんといっしょに山歩きの練習をしました。

久しぶりの山に子供も犬も大興奮です。

なんどか山に訪れた犬は、七山を登り始めるころからキュンキュンと興奮して鼻ならしをすることもあります。

この興奮をじっくりと抑えつつ本来の行動へと変えていくところがプライベートクラスの面白さでもあります。

犬の社会化学習の本当の意味とは

 

プライベートトレッキングクラスの目的の一番は社会化を促すことです。

犬の社会化学習というと、人や他の犬、音、車、自転車、街並みなど、あらゆる刺激に慣れさせる練習だと思われます。

しかし山には犬に慣れさせたいような刺激はありません。

山歩きと社会化がつながっているのかと不思議に思われるでしょう。

犬の社会化とは学習の結果として犬が生活環境の中に安心を獲得していくということであることは間違いありません。

本来の犬の社会化とは、生活を通して自然と獲得されるはずのものであったのです。

ところが人と犬の関わりの変化の中で、犬の飼育環境が変化したことで一部地域の犬には人工的な社会化学習が必要となってしまったからです。

この人工的な社会化学習がかなり強引な手法で犬にも飼い主にも負担をかけています。

社会化学習の過程は犬のしつけ方やトレーニングの手法として犬に与えられるものになったときに少し強制的なものとなってしまったのです。

犬と人の利益の中間を探してしまうと、やはり人側に偏った形に収まります。

自分自身も多くのセミナーに参加して犬の社会化学習を学び、これまでも生徒さんにお伝えしてきました。

流行した社会化学習法である程度の社会化は促せたものの、犬に本来の社会化を促すにあたってはずいぶんとオポの力を借りてしまいました。

 

真の犬の社会化学習に挑戦するためのトレッキングクラス

 

私もいきなり今の視点に到達したわけではありません。

犬の社会化というのが犬の中でどのような発達や成長が進んでいるのかということを犬側にたった視点で見る力が自分にも不足していたため、教えられた手順を守っていた時期もありました。

自分の未熟さを反省しながら前進して学んだ結果、少しずつですが見えてきたものがあります。

社会化という学習を通して発達するということを犬の姿を通して学べたのは、この山という自然環境の中での犬の行動を観察するようになってからです。

プライベートトレッキングクラスではステップアップ形式で犬の行動に変化がみられるのがわかります。

それはあまりにもゆっくりで普通の人の観察眼では理解できないことかもしれません。

しかし結果として日常の生活の中に変化を起こすきっかけとなるのです。

でもそれには時間と空間とそして心から犬を愛する心が必要なことがわかりました。

それを持っている方々がグッドボーイハートに学びに来てくださっています。

そして犬たちの成長を見る機会をいただいていることに感謝する日々です。

トレッキングクラスでの成長は日々の生活の基盤に支えられていることは間違いありません。

犬との山歩きは日常のストレスの発散のためにあるのではないのです。

このこともよく誤解されてしまいます。

ゆっくりと進む社会化という学習が脳内に起きていることを、見えないのだけれど行動には見ることができます。

少しは見えるようになったことを飼い主さんにお伝えするのが私の仕事です。

また飼い主さんにも見えるように学んでいただくこともグッドボーイハートの学びです。

今週も犬と生徒さんたちの確実な成長を見せていただき、同時に飼い主さん自身にも犬の成長を感じていただく時間を持つことができました。

ありがとうございました。

Posted in クラスのこと, 犬のこと

<犬のこと>犬のブラッシングこそ関係性が出るから伝統的手法が伝わりやすい

前回のブログ記事の続編です。

ブログ記事<犬のこと>犬からみるとあり得ないことを人がしてしまうことは混乱を呼ぶ

この記事では犬にゴハンを与えながらブラッシングをしていたという飼い主さんの話にびっくりしたところまでご紹介しました。

しかもグッドボーイハートおすすめのあのドイツ製のレデッカーの犬用ブラシを購入されたことを覚えていたので驚きは倍増しました。

話を続けます。

レデッカーのブラシを嫌がるのですね。

飼い主さん「はい…。でも毛玉がよくできてしまうのでよく使うスリッカーをすごく嫌がるのです。」

スリッカーを肌に当てるように使えばさせないのは当たり前です。

スリッカーは先がピンのようにとがっていてもともとは羊の毛を刈り取ったあとにほぐすための道具です。

犬の毛のように柔らかい毛にはあっているとは思えません。

しかし日本では飼い主の多くがこのスリッカーを使用されていますね。

あくまでプロ使用のものと割り切って、犬に使わないことをおすすめします。

レデッカーのブラシでも毛玉をある程度小さくしていくことはできます。

最後にこびりついた埃の束はほんの小さなものになりますので必要に応じて切り取ってください。

そしてそもそものブラシのかけ方が間違っていれば毛玉のできやすい毛質になってしまいます。

ということで、レッスン中に実際のブラッシングの様子を見せていただくことにしました。

レデッカーのブラシだけを使っているので食べ物を与えていなくても犬が嫌がる様子はありません。

犬がブラッシングを拒否していないことを飼い主さんに確認すると、飼い主さんも確かにそうだと納得しました。

スリッカーが嫌だったのだということをはっきりとさせたかったのです。

しかしブラッシングのかけ方があまりうまくいっていませんでした。

ただ犬にブラシをかけるだけの行為でも、犬がそれを受け入れるか拒否をしているのかは犬の体に力が入っていることで一目瞭然です。

ブラッシングの当て方やかけ方について少しアドバイスさせていただきました。

すると犬の毛はみるみるうちに輝いていきます。

飼い主さんも「艶々になってきた!」ととても驚いています。

気になる耳部分や毛玉についても、ブラッシングを細かくかけていくととれていくのがわかります。

ブラッシングは毛をとるための行為ではなく、血行を促進で不要な毛がぬけやすくなり、飾り毛を絡まりにくく整えていくのが目的です。

ブラッシングをいやがるといっていた犬ちゃんですが、うっとりと伏せてリラックスしていきます。

この行動が良い状態を犬に与えているとわかるのは、被毛の輝きや柔らかさが増してくるからです。

このブラッシングの方法はとても伝統的な方法です。

力任せ、道具任せで毛を切り取ったり刈り取ったりはしません。

犬が好む方法で犬はブラッシングをさせてくれるようになります。

昭和の世代で外で放し飼いが容認されていた時期の犬たちにもブラッシングが必要な犬がまれにいました。

当時すでにスピッツなどが流行ったあとで、白い長毛のミックスはあちこちで見られたものです。

小学校2年生のころに人生で初めていっしょに暮らした犬のシロも、スピッツの入った中型犬の長毛の犬でした。

ところが犬にブラッシングをする必要性を知らない時代でしたから、ミックス犬たちはみるみるとケガ汚れ絡まっていきました。

シロはうちではハサミで散切りにされて夏は自前の短毛種になっていました。

人が作った純血種のほとんどがブラッシングを必要としています。

またミックス犬でも都心で埃などがつきやすい環境では、埃を落とすブラッシングをかけてあげてください。

ブラッシングはコミュニケーションです。

人が手を入れた犬の毛質だから、人がつくりすぎた環境で過ごしているから、

こんな犬たちには伝統的なブラシとブラッシング法でお手入れをしてください。

そうすればシャンプーは余分に必要はありません。

ブラッシングだけで犬の被毛は輝きます。

ぜひお試しください。

関連ブログ→犬用のブラシについてのいろいろ:おすすめの犬用ブラシはドイツのブラシメーカー、レデッカーの高級ブラシ

関連ブログ→<おすすめのアイテム>脅威の犬用ブラシに猫もウナルあのレデッカーのブラシ


 

 

Posted in おすすめのアイテム, 犬のこと

<犬のこと>犬が予測できない複雑なことを人がしてしまうと混乱を呼ぶ

やっと梅雨明けしましたね。

長い梅雨でしたが夏は犬が苦手な季節です。

どう乗り切るのか、いろいろと策を練らねばいけません。

さて、先日訪問レッスンのおりに、日常生活の行動についていろいろを雑談的に話を聞いていました。

実は飼い主さんとのこの雑談の中でびっくりするような話を聞くことがあるのですが、この日もそんなびっくり話がありました。

はじめはゴハンを与える時の犬の行動について飼い主さんに様子をうかがっていました。

犬のゴハンの食べ方が早いとか、食事に多少執着があるようだ…というようなご相談でした。

ところがこの犬ちゃんはお預かりクラスを利用されたこともありました。

この犬ちゃんがドッグフードを早食いしている光景を覚えていません。

気になる行動は必ずレッスンに返しているので、お預かりクラス後に提案しなかったということは犬の早食い行動を私が見ていないということです。

見逃したのか?いやゆっくり食べている記憶がある。

「●●ちゃんはお預かりのときにはゴハンをわりと普通の速さで食べていましたけど…。」

と私が答えると飼い主さんから別の情報を引き出すころができました。

「ゴハンを与えているときにブラッシングをしているから」という話になってきたのです。

ゴハンのときにブラッシング?

普通はあり得ない組み合わせですがピンときました。

ブラッシングを嫌がる対処法としてゴハンやガムを与えている間にブラッシングするという方法です。

トレーニングの対処法としては定番のやり過ごし方ですが、長く使うような方法でもありません。

またこの犬ちゃんにそのようにした方がいいと提案したこともありませんでした。

ブラッシングを嫌がるからと飼い主さん側で思いついた方法をオリジナルで取り入れてしていたようです。

一日中飼い主さんと犬の生活をインストラクターの私が見張っているわけではありません。

訪問レッスンでさえ飼い主さんが犬にどのように接しどのようにお世話をしているのかの全てを把握することは難しいのです。

でも犬の行動のいくつかをご家庭でみるとある程度は「こうしているのではないかと思うようなことを想像できます。」

さて、ゴハン中にブラッシングをされていた犬ちゃんですが、さらに不思議が重なりました。

犬の状態からしてブラッシングを拒否するような状態ではないと思ったからです。

しかもブラシはグッドボーイハートおすすめの定番犬用ブラシ、あのドイツ製のレデッカーのものだったはず…。

なぞが深まっていきますね。

どう解決していくのか、次回はこの続きでお話します。

写真はお預かりクラスのもので記事とは無関係の犬ちゃんです。



 

Posted in クラスのこと, 犬のこと

<犬のこと>犬が昆虫と遊び関わりながら発達する重要性

犬が昆虫で遊ぶ姿を見たことがありますか?

 

犬が昆虫で遊ぶ光景を目にしたことがあるでしょうか?

少なくとも犬を昆虫の生息する場所に連れて行かなければ見る事はできません。

福岡県内の公園や山にもそんな場所はたくさんありますが、ダニがいるから近付けさせたくないと遠ざける飼い主の方が圧倒的に多いでしょう。

でもこのことはとても大切なことで、犬にとって重要な機会を奪っているということを今日はお伝えします。

先日もお預かりの犬ちゃんがグッドボーイハート七山の玄関につながるテラス前の庭で何かを見つけて歩き出しました。

動画を撮影しましたのでご覧ください。



チワワちゃんが追っているのは動画の中ではとても確認できないほど小さな昆虫、アリです。

あっちにもこっちにもアリがいるのですが、そのアリを追ったり手でアリの入った場所を掘り出そうとしたりしています。

このあと手で確認するために手かきを繰り返しているうちにアリを殺してしまうこともあります。

鼻を近づけてにおったり調べたり、何であるかを知ろうとしています。

 

犬はなぜ虫と遊ぶのだろう?

 

いまや家の中に生活する犬も本来は土の上に過ごす動物でした。

その遺伝子は今でも生きていて、土の上を素足で歩くことに躊躇はありません。

土の上の環境を共有する最初の生き物は昆虫です。

調べたり確かめたり殺したりすることで環境の中にいる虫に対して社会化をしているわけです。

その作業はそう長く続くことはありませんが、幼少期にはなんども繰り返し行われます。

昨日もしていたことを今日もします。

今日していたことを明日もするでしょう。

そして繰り返すうちに、いつの間にか関心を示さなくなります。

そのときにはもう別のものに関心を示すようになっているからです。

ある意味では馴れていく、ある意味では環境のひとつの生きものとして虫を理解し始めたとも言えます。

本当の社会化の過程をとっています。

動画のチワワちゃんはすでに1歳を過ぎています。

虫遊びをするには少し年齢が上ではありますが、マンション暮らしで今までにできなかった虫を知らべる行動を遅ればせながらやっているところです。

速度が上がっていけば社会化を促進させます。

もしまたチャンスが奪われるようならこの行動はそこで止まったままになります。

環境がなければ社会化はしないのです。

 

犬のしつけに行き過ぎた英才教育は危険

 

犬のしつけやトレーニングを学ぶというとたいていの人が「オスワリを教えること」

「トイレのこと」「散歩のやり方」「おりこうさんにふるまうこと」を教えることだと思っています。

もちろんどれも間違ってはいないのです。

もっと行き過ぎているのは、スポーツや芸などのトリックやドリル的なオスワリフセの繰り返しなどを犬に習わせることです。

これは子供の英才教育型しつけの犬版になります。

子供にもドリルを早くさせる、机の上の勉強を進める、スポーツをさせる、歌を習わせるなど習う形の勉強法が進み過ぎました。

同時に子供たちは庭や土や草で昆虫で遊ぶ機会を奪われたのです。

そして犬たちも今同じ流れをたどっています。

ただこうしたしつけは犬のしつけに絶対に必要というわけではありません。

もし必要な部分があってもそれは犬のしつけの枝の部分であって幹ではないのです。

 

犬のしつけの幹となるのはどんなことなのか?

 

犬のしつけの幹とは、犬が犬として生きる力を身に着けるチャンスを与えることです。

その一つとは犬が習性を通して発する行動を尊重し自制を育てること

これが犬の昆虫遊びとつながっているのです。

少し犬のことが面白くなっていただければ、犬は奥が深いので生涯を通して学んでも学び尽くすことはありません。

永遠に続く楽しい学びです。

犬の虫遊びは犬の成長とともにその形を変えていきます。

どんな発達の形を進むのかまたご紹介します。

※このブログでは様々な犬のことを少しずつお話しています。

話が途中になったり、話題が多すぎて書ききれないこともたくさんあります。

レッスンを受講中の方は「ブログのあの話の続き教えてください」とお気軽に聞いてください。

あなたの犬に必要な話題は今すぐにご提供します。

ブログはそのきっかけのネタ作りに過ぎません。どうぞご理解ください!

Posted in 犬のこと

<犬のこと>instagramインスタグラムで知った様々な犬への思い

インスタグラムで知った世界の犬と人の暮らし

 

最近インスタグラムを始めたことで犬についてさらに学んでいます。

ただその世界、喜びばかりでなく戸惑いもあります。

自分が公開する写真が#犬#犬と山#犬の行動#犬と自然#ドッグスクール#いぬすたぐらむ#犬との暮らし…なわけですから、インスタグラムの方もこの犬の写真いかかですか?みたいなものを提示してきます。

世界中の犬の飼い主が撮影した写真を見ることができるため、いろいろな国でいろんな風に犬が生活している風景に接することができました。

 

自然と共に暮らす人と犬の風景が世界中にあった

 

#dognatureをフォローすると、同じタグをつけた写真が届きます。

中には本当にすばらしい森や湖のほとりや山の中で犬が凜として活動している様子を収めた写真を見つけて興奮しています。

この表情すごくいい、犬が風景の一部になっている。

と国を確認すると、ドイツ、ノルウェー、スウェーデン…などがありました。

国のルールなのか犬との信頼関係なのか自然の中でリードをつけている犬はほとんどいません。

しかもどの犬の瞳も輝いていて美しい。

犬として生きていることを誇りに思っているのだということが伝わってくるのです。

特別小さいサイズでもない、特別いびつな形をしているわけでもない。

純犬種ということもない、いわゆるミックスのような犬もいます。

庭で撮影されている写真もビックリするほど広くてきちんと手入れされています。

庭や家を大切にする人は犬も大切にするのではないかというのが私の今のところの考えですが、まさに当たっているような気がします。

除草剤は使っていないし草や木々は人の手で整備されています。

特別な金持ちばかりとも思えません、犬と人の暮らしはどちらかというと田舎の郊外ではずっとこんな風だったのではないかと想像するのです。

 

犬が尊重されていないと感じる写真もたくさん

 

一方でインスタグラムの写真の中にはガッカリとしてしまうものもたくさんあります。

犬にいろんな服を着せてファッションショーのようになっている写真

犬にお箸で食べ物を食べさせて赤ちゃん化させているもの

犬をひっくり返して撫でまわす飼い主だけの喜び

しかもこれらの写真ですが、ほとんどが日本のものでした。

犬が小型化し特殊な形をした犬が流行るのも日本独自の傾向であることはまぎれもない事実です。

日本では急激に犬が愛玩犬というオモチャとして愛されるだけになりつつあるのではないかと危機感も高まります。

小さな犬や飾り毛の犬は野外活動が苦手です。

危険なものも多いし毛にいろいろな草が絡まってしまうからです。

野外で嬉々として活動するインスタグラムの中の犬たちは愛玩動物として愛されているのではなく犬として愛されているのです。

両極端に別れる犬への価値観と犬を大切にしているという同じだと思っている思い。

実は大きく違います。

犬が犬として生きることを尊重することができる飼い主は本当に犬のことを愛しています。

しかし犬が人に喜びを与えることを望む飼い主は犬を愛してるといえるのかどうか疑問を感じます。

インスタグラムを始めたことで学んでいること。

見なかったようにしていたあまりにも衝撃的な犬の映像も見ることになりました。

ああだからなかなかしたくないと思っていたのだけれど、踏み込んだのだから直視しましょう。

そして私が何を大切にしているのかを伝える、それがインスタグラムを始めた理由です。

いつか同じような価値観を持つ人と同じ思いを共有できるようになる時間がもっと増えればと願いつつ継続は力なりで頑張ります!

Posted in 犬のこと

<犬のこと>“外ではお利口さん犬”は本当のしつけを目指そう!

あなたの犬はどちらの犬ですか?

 

さて現在のあなたの犬は以下のAとBのどちらでしょうか?

A きちんとしつけをされている犬や落ち着いて人と生活をしている犬

B しつけをされていない礼儀知らずの犬や興奮したりパニックになりやすい犬

Aのような気もするけど、Bのような感じもする。

この二つの犬の違いをどうやって線引きしているでしょうか?

状況によってはAになったりBになったりすると感じるのでしたら次のようにとらえているかもしれません。

状況によって違う犬について飼い主が語るのはこんな感じです。

「外ではお利口さんなんですが、家ではモノをかじったりして…」とか

「外ではお利口さんなんですが、家ではトイレの失敗をするんです…」など。

会話だけを聞いていると犬のことではなく子供のことを話しているようにも聞こえますね。

 

外ではお利口さん…は本当のお利口犬ではない理由

 

家でルールを守れずに暮らしている犬、家では吠える犬は確実にAの「しつけのされていない犬」の方です。

外でお利口さんだと感じるのは、人でいうところの内弁慶という状態で外では自分を表現することができないということです。

その分家の中では自己主張が強くなるので、マーキング、吠え、噛みつき、家具を破壊、壁紙をちぎる、モノを壊す、拾ったものを返さない、来客に吠えるなどなど。

自分のテリトリーを主張すると同時に、自分の落ち着かない気分を室内で発散するような行動を繰り返します。

でも外の屋外環境は他の犬たちと縄張りを競いあう場です。

そこで自己主張をすれば地域の犬に自分の存在を知られることになります。

大人しく他の犬を見ないようにしたり、こっそりと排泄をしたり、マーキングしても逃げ去ったりして他の犬とは交わらないようにして自宅に逃げかえるしかなくなります。

家が近づくと逃げるように家に逃げ込む犬は本当に多くなりました。

 

お家の中でのルールを守ること、それが本当にしつけられた犬

 

家という人との共同生活のテリトリーの中でのルールに従うことのできるようになった犬

それこそが人と落ち着いて過ごせるようになった礼儀正しい室内犬と言えます。

落ち着いている室内犬は、来客で騒いだりはせずに落ち着いて迎えます。

人に飛びついたり顔をなめたりすることはありません。

ハウスに入って待ってねといえば、自分のハウスで待機することができます。

朝起きたからとワンワンと吠えて飼い主を起こすこともない。

飼い主のモノを壊したり家を破壊することもないでしょう。

ただ、しつけのされていない犬は犬が悪いのではなく問題は飼い主側にあるのがほとんどです。

 

室内のルールの導入はフェアに行うのが賢い飼い主

 

室内のルールに従うことがしつけのできている犬だという説明をしました。

しかしこのルール、あまりにも人側の都合によるものだと犬は反発します。

最近はルールの決め方が人の都合になりすぎて一方的だと感じられることが多々あります。

これでは、お互いのためのルールを作ったしつけではなくなります。

犬のしつけの本当の目的とは、

犬がルールを守ることで人と安心安全に生活していく力をつけることです。

これに反して間違った犬のしつけは、飼い主の思い通りにしたいということです。

これは大きく違うのですが、すでにこの違いが分からないという場合には飼い主として多少の勉強が必要でしょう。

どちらも犬のこと大切にして愛しているように見えるのですが、犬との関係性は全く異なるものになります。

それは深みに到達した飼い主にしか分からないことです。

グッドボーイハートは犬が幸せになる本当のしつけを学びます。

それは飼い主さん自身が犬のことを学ぶことです。
 

Posted in 犬のこと

<クラス>はじめてのお散歩レッスンで見た子犬の行動からわかること

犬が自分の家に来てはじめてのお散歩のこと覚えていますか?

どこでどんな風に過ごしたのかを覚えていますか?

特に今まで室内経験しか持っていない子犬にとっては屋外というもうひとつの世界があることを知る一瞬です。

庭などで屋外経験をさせた子犬とは違ってその驚きや不安も半端なものではありません。

いわば柵の向こうの世界があることすら知らなかった子犬が、新しい世界があることに気づいた一瞬。

その一瞬の子犬の表情を見たときに子犬が今どのような状態であるのかを知ることができます。

だからレッスンのときに最初に散歩に出す機会を得られることは、自分にとっても特別のことなのです。

子犬のときからレッスンを受けてくださっている飼い主さんの犬ちゃんたちは、比較的落ち着いて外の世界を受け入れます。

最初の散歩に出るまでにご自宅での環境を整えているので、室内での排泄の失敗などはなくなっているからです。

今日も犬用バッグに入れて最初の散歩練習のために飼い主さんと共にすぐ近くの公園に出かけました。

バッグの入り口を開けて子犬が世界を知るのを待ちます。

今日は本当にタイミングが悪く子犬がバッグから出てくるのを待つ間に近くにいた人が子犬ちゃんに気づいて近付いてきました。

手を犬に差し出して出ておいでと声をかけます。

子犬は警戒心を高めてその人を見つめ、すぐに私が人側の制止に入りました。

「今日はじめて外に出たんです。まだ知らないこといっぱいです。」

だから見守ってほしいということを言いたかったのですが、伝わらない感じがしたので子犬と通行人の間に割り込んで立ちました。

なんにでもすぐに介入してくるのは日本人の長所なのですが、ときには少し距離をとって欲しいと感じることもあります。

ずっとでなくていい、ほんの数十分とかまた次の機会まで待って欲しいのです。

通行人も別の場所に移動したので子犬や地面の臭いを嗅ぎながら土の上に出てきました。

リードを持つ飼い主さんが見守ります。

本来子犬に失敗はない、だから叱る必要もほとんどありません。

子犬を叱っているならば、管理や環境の整え方が上手くいっていないのでしょう。

子犬は自分の思ったままに行動しますから、それをある程度制限していければ大丈夫です。

子犬ちゃんは早速地面に自分の臭いをこすりつけたり、排泄をして臭いつけをしていました。

この行動はとても活発で自己主張の強い犬のする行動で、この子犬ちゃんの性質をよく表しています。

本当に小さな行動が大切なのだと思うと犬の行動のひとつひとつを見逃したくないと思いスマホなどをしている時間などはありません。

明日はまた違った行動をするであろう犬ちゃんのお散歩練習。

来週がまた楽しみです。

お散歩デビューしたモモちゃん

Posted in クラスのこと, 犬のこと

<犬のこと>ドッグフードがすすめられる本当の理由とは

犬ために手作りゴハンを作ろうかと迷っている方のために三部作でお届けした手作りゴハンブログ記事シリーズは今回が最後です。

犬が喜ぶのは手作りゴハンドッグフードか…。

自分だったらやっぱり美味しそうな臭いのする手作りゴハンの方ですね。

でもなかなか手作りゴハンに踏み切れない理由が、動物病院やペットショップなどでドッグフードをすすめられるからという理由です。

犬に関わる仕事をしている人から「ドッグフードの方がいいですよ。」と押されると、犬にゴハンを作ったこともない方は自信がなくなってしまいます。

ペットショップはドッグフードを商品として販売しているのですからお客様におすすめするのは当たり前です。

動物病院がドッグフードをすすめている理由は、食事内容が一定である方が病気の要因探すときに間違いがないからです。

たとえば、病院に入院している人は病院食を食べているから経過が悪くなったり良くなったりしてもそれは食事が悪いからだとかいいからだという判断にはなりません。

でも病院に入院しているのに差し入れの食べ物を食べてしまうと、医師の管理下以外のことが起きてしまい病状の原因について突き止めることが難しくなります。

犬も同じように同じものを食べていれば、犬が病気になったときに食事を排除して考えることができます。

管理下にある動物は毎日同じ栄養素を与えることで管理は安定してくるのです。

ただその管理しやすいということと、犬がゴハンを喜んで食べるのかというのは別の問題です。

加工されたドッグフードは味気ない上にビタミン剤などの添加物が大量に入っているため臭いはひどいもので薬品の臭いがします。

自然素材ものを食べたいという犬の欲求は決して贅沢なものではありません。

どちらを与えるのか、決めるのは犬ではなく飼い主さんです。

犬のことを考えすぎてなかなか決められないとは思いますが、一気に決めなくとも行ったり来たりして、でもいつかはどちらが犬にとって最善なのかを決めてあげてください。

どちらにしても犬はあなたの選択を受け入れるだけです。

今回も手作りゴハンを作っている生徒さんからお写真をお借りしました。

大きなスイカを購入したあとだったので毎日スイカ入りだったようですね。

犬によってはスイカ食べないとか下痢してしまう場合もあります。

うちのワンコにあった手作りゴハンを模索するのも楽しいものです!

犬は絶対に喜びます!!!

スイカが大好き犬くん用手作りゴハン



関連ブログ記事→私が犬なら手作りゴハンを食べたい!を実践するとこうなる

関連ブログ記事→犬がドッグフードを拒否する五つの理由

Posted in 犬のこと

<犬のこと>私が犬なら手作りゴハンを食べたい!を実践するとこうなる

先日のブログで犬がドッグフードを食べない理由についてお話しました。

その理由の中で一番真剣に考えたいことが一つあります。

それはこちら↓

ドッグフードが美味しくない

犬なのに「美味しい」とか「美味しくない」といった言い方は不自然かもしれませんが、

犬が喜ぶゴハン」と「犬が仕方なく食べるゴハン」にわけましょう。

ドッグフードは数百種類もあるので、いくらでもドッグフードを変えることはできます。

でも思い切って「手作りゴハン」に変えてみるというのはいかがでしょうか?

犬の加工されたドッグフードではなく、飼い主が作った手作りゴハンを与えるという選択です。

飼い主だったらすぐに想像できることですが、たいていの犬は手作りゴハンを本当に美味しそうに食べてくれます。

ドッグフードと手作りゴハン。

比べてみたらどちらが美味しそうかは討論のしようもありません。

ならなぜ犬に手作りゴハンを上げないのか。

手作りゴハンだって犬のためになら頑張れる、でもできない理由の多くはこんなことです。

・食事として何をあげたらいいのかわからない。

・与えてないけないものがわからない。

・栄養バランスが不安

二つ目の「与えてはいけないもの」だけははっきりしています。

ネギ類がダメなことはみなさんよく知っています。

だとしたら、あまり考えすぎずにチャレンジしてみてはと思います。

最近、生徒さんのおひとりがインスタグラムに犬のゴハンの写真を掲載しています。

毎回見るたびに自分の食事の方が圧倒的に貧祖だと反省するようなちゃんとしたゴハンです。

その写真を他の飼い主さんたちに見せたところ「おいしそー」と全員がいいます。

ドライフードよりもずっと美味しそう、しかも健康になれそうです。

インスタグラムをしている生徒さんも、最初に手作りゴハンの話をしたときは「ちょっと難しそう」と言われていたのですが、実際に始めてみると作るのも楽しくなっていったようです。

しかも野菜まで自家製のものになっていったので、犬の食事内容はますます充実しています。

写真をいただいたのでこちらに掲載します。

犬の手作りゴハン



ラム肉入りの手作りゴハン



このゴハンとドライフードが置いてあったとして、自分が犬ならどちらを食べますか?

食べたいと思うものばかりを食べたら不健康になるのは当たり前ですが、犬の食べたいは本当に必要なものを食べたいという意味での「食べたい」です。

犬のことを考えるときには最初に「私が犬なら…」と考えます。

私が犬なら絶対に手作りゴハンがいい!と私は言います。

手作りゴハンにすると決めて、そしてその後を考えるようにするという方法もあります。

でも手作りゴハンをあまりすすめられないのはどうしてか?についてはまた次回お話を続けます。

関連ブログ→犬がドッグフードを拒否する5つの理由

 

Posted in 犬のこと

<犬のこと>犬がドッグフードを拒否する五つの理由

犬の食事関連の相談がスクールにもわりとある

 

犬のしつけ方や行動の相談が主な相談なのですが、他にも犬のごはんにまつわる相談事がわりとあります。

ごはんにまつわる相談としてはこんなものがあります。

・犬の食事を与えるときに、犬がうなったり噛みついたりする。

・犬の食器を取り返せない

・犬が食事前に興奮して吠える

これらはトレーニングクラスによくある犬の食事にまつわる問題行動です。

ただもっと違う面での犬の食事に関連する相談もあります。

それは犬がドッグフードを食べないという相談です。

以前は圧倒的に犬のごはんのときに噛みつくという相談が多かったのですが、最近は犬がドッグフードを食べないという相談の方が多いような気がします。

最近の犬たちは戦うことよりも拒否をする行動の方が全般的に増えている気がするのですが食事に関してもこの傾向が強いようです。

犬の行動が変化しているというよりも犬の性質そのものが変化している傾向があるといった方が正しいのでしょうが、どちらにしてもドッグフードを拒否する犬が増えているということですね。

以下に犬がドッグフードを食べない主な理由を五つにまとめてみました。

 

犬がドッグフードを食べない主な五つの理由

 

犬のごはんの相談として一番多いのは犬がドッグフードを食べないというご相談です。

犬がドッグフード=ごはんを食べない理由として考えられるのは次の中のどれかです。

ドッグフードを食べない理由1 ドッグフードがおいしくない

美味しくないというと、犬に味覚はあるのかという質問が生まれそうです。

もちろん犬には味覚があります。

市販のドッグフードの内容によっては食べられたものではないという内容のものもあります。

保存料や添加物が多くはいっているようなフードを好まない犬は味覚が比較的ナチュラルだともいえます。

中にはドッグフードが苦手でも食べ物を拒否するほどの余裕がなく、結局は食べるのだけど欲求不満な犬もいるので要注意です。

ドッグフードを食べない理由2 お腹が空いていない

室内犬はほとんどの犬が活動していません。

朝晩の散歩に出たくらいでは犬の本来の活動量は全く満たされていません。

ある程度のサイズの庭があって庭へのアクセスがわりと自由であれば、庭と部屋を行ったり来たりして一日を過ごしてある程度は満足するでしょう。

犬の活動量は人の何倍も高いので、ほとんどの犬が空腹にはならないのです。

日本犬はもともと一日一食で満足できますしお腹が空いていないと食べないこともあります。

またオヤツをよくもらっていればそれでお腹がいっぱいになるのでドッグフードまでは食べません。

オヤツは甘いものや肉系のものが多く、当然ドッグフードよりもおいしいためこれらを食べると犬はドッグフードは食べません。

ドッグフードを食べない理由3 性的ホルモンの上昇

動物は性的ホルモンの上昇によって食べることができなくなります。

思春期に恋愛をしたり片思いをしたりすると食べられなくなったという経験をしたことがある方もいるかもしれません。

性的なホルモンはいつでも性的な活動のために動くことができるようにするために食べることを止めます。

食べると消化機能が活発となり行動できなくなるのはどの動物も同じ原理なのです。

不妊去勢手術をしていないオスは365日発情しますし、メスも大変長い期間発情期が続きます。

手術によって食べるようになることがあります。

ドッグフードを食べない理由4 自分の身に危険が迫っている不安のとき

犬は不安を抱えていると食べ物を食べません。

理由の3の性的な上昇で食べないところで説明したとおりですが、食べると動くことができなくなるからです。

危険や不安を抱えていると「すぐに逃げる」ことができるようにする必要があります。

そのため少しだけ食べてでも動けるようにしておきます。

少しだけ食べてそれが消化するまでまつ、そしてまた次を食べるというように時間をかけて食べている、つまり食器を置いたままにするとそのうちに食べてしまうような状態であれば犬はなんと危険を感じているということです。

これは犬の中ではかなりの危険信号なので今すぐドッグスクールに相談しましょう。

ドッグフードを食べない理由5

最後は安心できるテリトリーがないからです。

理由4の危険や不安を抱えているときに食べないという理由重なる部分もあります。

理由4の場合には普段は食べているのに、苦手なことを予測したり、恐怖が続いたときに一時的に食べないというもの、理由5の方は日常的になかなか食べません。

理由5になると食べたり食べなかったりを繰り返すような波のような状態になります。

そもそもの安心できるテリトリーというのは動物にとっては安心&安全に生きていくためには欠かせないものなのです。

そのテリトリーがないのですから犬は不安でドッグフードをすぐに食べることができません。

分離不安の犬の多くはこの理由でドッグフードを食べなかったり食べムラがあったりします。

分離不安と食事が関連があるのかと驚かれるかもしれませんが、犬の行動は連鎖のようにつながっておりどの行動とも関連があります。

切り離して考えることよりも関連づけを見つけていくことで改善が進むのです。

 

いくつもあるドッグフードを食べない理由ですが解決できる方法もいくつかあります。

また少しずつ紹介していきますね。

レッスンを受講中の方は直接いろいろとお尋ねください!

またこのブログ記事からも探してみてください。

Posted in 犬のこと