グッドボーイハートは人と犬が共に成長して調和することを目指すドッグトレーニング・ヒーリングスクールです。

トップページ
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

Monthly Archives: 10月 2020

結果にコミットするグッドボーイハートのトレーニングは生徒さんとの約束の繰り返し

また預かりクラスのために七山に戻ってきました。

今回の犬ちゃんたちもよりとりどりなので、考えていたらテンションが高まってしまい昨日も本日も眠気が来ずに困っています。

よくみなさんに「好きな仕事をされているから幸せですね。」と言われます。

幸せであることは否定しませんが、好きだからこそ限りなくつぎ込んでしまうこともあるし、思うようにいかず悩むことなど山のようにあります。

どのようなトレーニングを飼い主さんに提案すれば良いのか、レッスンの対象は犬ではなくあくまで飼い主という人なのです。

犬は全く問題がなくても、人はなかなか難しいものです。

そんなことを考えているときに、あの有名なCMがYouTubeで流れていました。

結果にコミットするあのダイエットのCMです。

ライザップのメソッド

1 データに基づいた科学的トレーニング

2 トレーナーが寄り添ったトレーニング

3 日課を与える

これを見たときにそのままではないかと思ったのです。

ライザップさんから勝手にお借りして申し訳ありませんが、当校に当てはめるならこんな感じです。

グッドボーイハートのメソッド

1 犬の習性に基づいた科学的なトレーニング

2 ドッグトレーナーが寄り添ったドッグトレーニング

3 飼い主に日課を与える

そのまんまのぱくりではないかというご指摘甘んじて受けましょう。

しかしこれぞグッドボーイハートの結果にコミットするメソッドです。

しかし上手く考える人は上手く考えるものですね。

こうしたより分かりやすい広告が人に理解を促すのですね。

その点ではわたしは言葉足らずでまだまだ勉強が必要のようですが、今持っているものをまずは全部出し切ることの方が先かもしれません。

しかしライザップさん「結果にコミットする」という言葉もとても深い言葉です。

結果にコミットするとは、お互いに約束を交わすという意味です。

お金を払ったから絶対に痩せますよ、と言ってはいません。

お互いに約束を守ることでいっしょに結果を出しましょうね、というのが結果にコミットするの本当の意味ですね。

グッドボーイハートのトレーニングにも、犬の管理方法や接し方や練習など日々の積み重ねをしていただくことがインストラクターである私と生徒さんである飼い主さんの約束事です。

しかし犬に対する管理や接し方は、犬に対する気持ちがそのまま出てしまうものです。

なかなか私の前で練習したように接することができないというのが実際のところだと思います。

犬を可愛がりたいという気持ちは私も同じです。

ところが可愛がりが甘やかしになる境界線を見つけることは難しいようです。

人の子供に対してですら難しいことを、犬などの社会に飛び出す必要すらない動物に飼い主として責任感を持って向き合える人は本当に一握りしかいないとは思います。

インストラクターの指導内容と、実際の飼い主さんの行動にズレが生じるとなかなか結果にコミットできません。

ズレを修正するには多少の時間が必要ですが、急いで解決したいという気持ちもわかります。

だから多少厳しくはっきりと発言させていただいていますがその点はご了承下さい。

これでも昔よりはずっと丸くなったと生徒さんたちから言われます。

どんなに厳しかったのだろうと申し訳なく思いますが、こうして目の前に犬がいると考えが止まらなくなってしまうような犬バカさからくると思って大目に見ていただければと思います。

生徒さんたちに私から課した犬のしつけ方の日課が約束事なら

私の側のお約束は、犬のことを真剣に考えて知り得たことを飼い主さんに分かりやすくお伝えすることです。

確かだれかとても偉い方(名前が出てきません…)が、自分が理解するのに一年かかったらそれを他人に説明するのにまた一年以上が必要になるというようなことを言っていました。

もっと長い年数だったかもしれません。

本当にその通りなので、犬のことを私から知りたい方はどうぞ気長にお付き合いください。

自分で言うものなんですが、私は日々進化しています。

昨年の自分だったら思いつかないような考えに今年はいたっています。

そして同時に老化もしているのですが、これもまた動物としての成り行きです。


 

 

Posted in クラスのこと, 未分類

犬と見つめあっていたい?それとも犬の見ている風景をいっしょに見たいと思いますか?

週末はお預かりやトレッキングクラスで七山でゆっくり…とはいきませんでしたが、体をよく使いました。

最近インスタグラムを始めたからか写真を撮らなければいけないと思ってしまって多少反省しています。

自分が写真撮影をすることで犬の時間を邪魔したくないというのが私のポリシーです。

だから写真を撮るときには犬にこっちを向いてと言わないようにしています。

そのせいか撮影した写真はとてもインスタグラムに投稿できるようなものではありませんがブログと同じように日々の日記だと思って気軽に続けています。

そういえばオポの写真はほとんど後ろ姿でした。

今スマホに残されているわずか数枚の写真もほぼ後ろ姿です。

犬を真正面から見つめてかわいいなと思うのは、犬がよく休んでしまってからです。

犬が屋外で活動をしているときは、犬が見ている風景を自分も見たいという気持ちが先に立っています。

犬が何を見ているのか?

犬が何に興味があるのか?

犬が何を感じているのか?

そんなことを知りたいと願っているため、犬の見ている風景を見る。

自然と犬と同じ方向を向いています。

犬たちを見ていてなんとなく感じるのですが、顔をそむける癖があったり、顔をしたに向ける癖があったりする犬は、いつも人の方を向くように要求されてきたのではないでしょうか。

飼い主がリーダーだから自分を見るように教えるという方法もありますが、(実は私もやってみたことがありますが)それは実際の注目とは違うものだと今は思っています。

犬が見ている方向を私が見るように、本当に大切なときには私が感じていることを犬も感じる事ができるようになることの方がずっと大切だと学びました。

それもこれも、犬との山歩きの趣味が犬との山暮らしへと移り変わった犬との生活の中で得た貴重な学びです。

トレッキングクラスで犬たちは何を見ているのでしょうか。

山ではもう人の臭いを嗅ぎ続けなくていいのです。

山ではもっと大切な臭いを嗅いでそして自分を、つまりは犬を取り戻してください。

Posted in クラスのこと, 犬のこと, 自然のこと

犬のマイクロチップの装着が法律で義務づけられます。

先日佐賀県の動物取扱主任者資格研修会に参加しました。

動物取扱業として登録している業者の中に同主任者を置くことが義務付けられており、研修会が年に一度開催されています。

今年はコロナ禍ということでいつも5月開催のものが10月開催となりました。

 

犬のマイクロチップ装着が義務化される

 

毎年の講習会の主な内容は「動物の愛護管理法」という法律の改正事項です。

今日、みなさんにお伝えしておきたいのはひとつだけ。

犬にマイクロチップ装着がとうとう義務付けされることになったということです。

マイクロチップ装着の義務化について改正は2019年、施行日は令和4年6月1日です。

 

マイクロチップとは

 

マイクロチップとは、長さが8~12ミリ程度、直径は2ミリ程度の細い棒状のチップです。

中には15桁の番号が記憶されていて犬の皮下(主に首元)に注射で埋め込みします。

マイクロチップ装着後はマイクロチップリーダーで犬の体の上をなぞるとチップの番号が出てきます。

チップの番号はデータベース登録会社(現在では3社ほど)に登録をします。

その際に、飼い主の連絡先などを同時に登録します。

またマイクロチップは履歴が残りますので、どの販売者からどの飼い主が飼育したか、狂犬病予防接種をいつ受けたかなどの記録を見ることができます。

マイナンバーと同じ仕組みですが、犬の体内に装着されているというところが特別です。

海外では特に牧羊、牧畜を産業とする国ではすでに法的に利用されています。

一番気がかりな、犬の安全性については一定の保証があるとされています。

 

現在のマイクロチップ装着事情とこれから

 

現在はペットショップやブリーダーで販売されている犬猫のうち、一部は販売前にマイクロチップを装着した状態で飼い主に引き渡されいます。

法律改正と同時にいずれすべての犬、猫は販売時にマイクロチップを装着した状態で飼い主に引き渡されることになります。

保護施設からの譲渡に関しても同じ条件となります。

すでに今みなさんがご自宅でお世話している「我が家の犬と猫」については、法律の施行日までに各自でマイクロチップを装着する必要が出てきます。

慌ててマイクロチップを装着する必要はありません。

狂犬病予防接種法の案内と共に、行政側からなんらかの指導があるはずです。

装着は動物病院で獣医師の先生によって行われます。

 

犬にまつわる法律「改正動物愛護管理法」は何を目指すのか?

 

この問いかけはあまりにも大きな問題ですので簡単に述べられるようなことではありません。

改正動物愛護管理法は令和元年6月に公布された若い法律で、今なおその内容が着々と変化しているところです。

動物、特にペットに関する飼育管理や繁殖と販売について、国内は欧米に比較して未熟と言われており、国際社会基準となることを目指しているのか改正の速度はとても早いです。

その分、日本人のペット飼育の現状はかなりゆがんだものとなっていると感じているのは私だけでしょうか。

その歪みとは、法律はペット先進国のヨーロッパを目指して整えようとするが、あまりにも時間が短く動物に対する理解と急いで作った都市環境が動物の飼育に合わないという問題です。

問題は山積みであることにだれも気が付かないまま、愛護の二文字が走り続ける日本。

愛護の愛は愛すること。

動物を愛するために一番必要なことは「愛護」の前に「理解」です。

Posted in 犬のこと, お知らせ

10代の頃ビートルズのポスターに願った「犬の訓練士になれますように」

先日「YESTERDAY」という映画を見て10代の自分を思い出していました。

この映画は題名からわかる方にはわかるとおり、Beatles(ビートルズ)の曲がたくさん登場する映画でした。

実は私は小学校6年生のころにビートルズの曲に魅了され中学時代はビートルズの音楽のリフレインの日々でした。

そうはいってもオーディオもなく、ラジオとカセットテープだけが頼りです。(時代を感じていただける方はありがたい!)

青春時代のみんながそうしたようにビートルズのポスターを部屋の天井近くに神棚のように貼って、毎日寝る前にポスターの前で手をあわせて願いことをするのが日課でした。

願い事とは「犬の訓練士になれますように」。

中学生のときに柴犬を飼い始めたことがきっかけとなり、犬の訓練士になることを決めてからずっとずっとビートルズのポスターに願い続けたのです。

今となってはなぜビートルズに願うのだと不思議ではありますが、当時の私の中では最もあこがれの存在、かつ「神」であったのだと思います。

あの10代のときの願いの中には、今自分がやっていることが具体的にあったわけではありません。

ただ、生涯を通して犬という動物が自分の人生からいなくなりませんようにという気持ちが、犬の訓練士になりたいというすごく単純な発想に行きついただけです。

行き当たりばったりの、大人がみれば思いつきにしかとられない目標は、今自分がこうしてここにやってきたこととして現実のものになりました。

すごく大切な犬との時間は、同時にすごくつらく苦しい時間にもなりました。

犬が辛いと自分も辛い。

犬が苦しいと自分も苦しい。

愛するものが生まれれば、同時に愛するものを失う悲しみも共に得てしまう。

本当に理解できただろうか、本当に全力を尽くせただろうか。

不安と疑問と恐れが、愛する犬という動物を目の前にすると高まっていくのです。

そして、長らく仕事を続けさせていただいたことで、犬たちとの別れを幾度も経験することになりました。

先日またすごく小さなときから知っている犬ちゃんが、かぐや姫となってお空に帰っていきました。

たくさんの楽しい思い出と貴重な学びを与えてくれた犬ちゃん。

これまでありがとう。そしてこれからは今までよりずっと自由に向こうにいった仲間たちと過ごしてねと思います。

飼い主さんとは分かれ分かれだけど、きっとあなたのお世話をしてくれる人や犬がそっちにもいるから大丈夫。

いつでも山に遊びにきてねと話しかけました。

犬の訓練士になったから知り得たこと、学んだこと、楽しいこと、辛いこと、悲しいこと。全部まとめてありがたい時間ばかりです。

犬を愛するということがどういうことなのか、死を受け入れ悲しみにくれることが一番そのことを教えてくれます。

ビートルズを聴くとあの10代のころの魂がよみがえり、今まだ活力を与えてくれます。

七山のオポと空

Posted in 日々のこと

お預かり期間のヒントを養老孟司氏の話から得たこと

グッドボーイハートのトレーニングクラスの特徴のひとつが、犬を自然の一部としてとらえるということです。

犬に限らず私たち人間も自然のひとつであることは間違いありませんが、犬も同じなのです。

犬と自然をできるだけ近付けて、犬を犬として過ごす時間を尊重する。

それがグッドボーイハートのお預かりクラスの奥にある目的です。

お預かりクラスを利用される飼い主さんたちは、旅行、出張、冠婚葬祭などのペットホテル替わりとしてのご利用と、飼い主さん側に特別な事情がなくてもお預かりクラスを利用されます。

グッドボーイハート七山校が自然の風が流れる空間にあること

多くの時間を屋外活動で過ごすこと

私たちインストラクターが犬を犬として扱うこと

これらの環境整備によって預かりクラスは構成されていきます。

そこで預かりクラスを利用される際には、

「どのくらい預けたら犬にとって良い方向になるでしょうか?」

というご質問を受けます。

単なるペットホテル代わりであれば、日帰りでも一泊でもお預かりします。

ですが当校で学ぶ飼い主さんたちは、犬のより深い成長に関心を持たれます。

そのため「期間が延びることで犬に良い影響があるならそうしたい。」と希望されることがよくあります。

その期間を説明するのに良いヒントを、先日拝見した養老孟司氏のインタビューの中に見つけました。

その期間は3泊4日を超える。

この数字はいつも私が生徒さんにご説明するのに、できれば3泊4日~が変わるとご説明しているのと同じ数字です。

この数字について養老先生のインタビューではこんな内容の話でした。

養老先生は都会と自然を行き来する生活をしていることはご存知の方も多いでしょう。

自然環境に行って体を整えることが人にとって大切なことだと日頃から力説されています。

仕事の多くを都会でされるのでしょうが、自分の体の声に応じながら自然の中に出かけていらっしゃるのかと推測しました。

養老先生が自然の拠点に移動された際には、3泊を超える4日目から自分の体に変化が訪れるということでした。

「ここにきて4日目から変わり始めるんだよ。」

3泊4日目からです!

先生はお茶目にも「そこで4日目には飯はどうするっていうことになるんだ」と続けられました。

どうやらご婦人不在で田舎生活を続けておられる様子。

自然に移動して4日目の夕飯には行き詰ることになり頭を悩ませるということです。

人と犬とでは寿命も違い流れている時間の速度も違います。

しかし環境が変化してから新しい環境に自分の体が適応し始めるこの4日目という数字は人も犬も同じことのようです。

2泊3日と3泊4日。

一日しか変わらないのに大きく違うのは、預かっている犬だけでなく飼い主の方にも訪れます。

2泊3日だったら犬なしでも生活をなんとかできる飼い主も、3泊4日となると耐えられなくなる可能性が大です。

飼い主さんが長期の出張や旅行のときには別として、今まで犬のいた生活空間の中に4日間、犬が不在で人間だけとなると人はとたんに落ち着きをなくしてしまいます。

このミラクル数字ですが、本当に変化が起きるかどうかは、犬の行動の変化によって現れます。

3泊4日を超えた時に起きる奇跡の瞬間。

一度起きてしまえば次の預かりの時にはもっと早いステップとなります。

今月はゴートゥーということでお預かり犬ちゃんたちが大変多いため、奇跡の瞬間を見守ります。


 

 

Posted in クラスのこと, 犬のこと, 自然のこと

手作りの犬小屋が犬の隠れ家になって豆柴の子犬くんも安心アップ

家庭訪問トレーニングに伺っている子犬ちゃんのお庭に、手作りの小屋が完成していました。

以前飼っていた犬が使っていた犬小屋らしいのですが、とても頑丈につくってあり、まだまだ使えるということで設置していただきました。

子犬ちゃんは将来はお庭で完全に生活していくために、環境を整えているところです。

屋外飼育の犬も子犬の時期は感染症のことなどを考えて、室内飼育から始められるご家庭が増えています。

子犬を引き取った生後2ケ月齢のころは完全室内飼育から始まりますが、できるだけ早い時期に本来の屋外環境に飼育場所を整えて移行を図る必要があります。

こうした環境を整える手順と時期ですが、

何にとって大切かというとなにより子犬の発達のために大切なことです。

最近、間違った飼育方法でトラブルを発生していることが多いなと感じることがあります。

そのひとつに、屋外飼育予定の犬を生後数ヶ月になるまで、室内のサークルと室内で飼い続けることです。

結局、室内ではトイレのしつけも、コミュニケーションのしつけも、ほとんどままならないまま屋外に出される生後5ケ月の犬がどれほどのストレスを抱えているか想像できるでしょうか。

適切な環境を整えれば、室内で尾を執拗に追い回したり、自分の体を噛んだり、ケージを噛んだり、走り回ったりはしません。

子犬にとって適切な環境とは何かについて学ぶことが、飼い主の子犬のトレーニングなのです。

この環境について知ることが、犬がどのような動物であるかを知る最初の貴重な時間になります。

パピートレーニングを子犬が若い時期に始められた飼い主さんには、本当に感謝しています。

子犬に問題が起きる前に、子犬にとって必要なことを伝える時間をいただけるのですからこんなにありがたいことはありません。

子犬は成長と共にまた新しい問題を抱えます。

それは人の成長期と同じことです。

子犬の問題、青年期の問題、成熟期の問題。

発達に応じて超えていかなければいけない課題というのはあるのです。

パピートレーニングでは、今起きていること。

そして将来起こりうることについてもお話してします。

とりあえず小屋が出来て良かった。

おめでとう!

自分の小屋の前で休憩する豆柴犬のミルクちゃん

Posted in クラスのこと

預かり中の犬ちゃんの行動の変化がとてもうれしいこと

お預かりクラスを繰り返し利用していただくことで犬の行動の変化を見せていただくことは、お預かり中の一番の楽しみです。

今回、お預かりクラスを利用してくれた犬ちゃんも年に数回と定期的にお預かりクラスに来てくれています。

それでも今回で数回目のお預かりになるのですが、それでも大きな変化を見ることができました。

どのような変化を見ることができたのか、少しだけご紹介させていただきます。

 

お預かりクラスにきた犬ちゃんの行動の変化とは

 

今回、お預かりクラスに来た犬ちゃん。

前回までは、移動後に落ち着くまでにある程度の時間を必要としました。

最初は一日以上。その後も一日程度はテンションが上がったり下がったりと気分の不安定さを感じる行動がありました。

今回は到着したときから安定のテンションでした。

散策して場所を確かめる。

適切な場所に排泄。

マテの合図に従える。

鼻をならしたり、吠えたり、ウロウロする時間がなく、

自分の落ち着ける場所を見つける。

私への飛びつき行動がなく、よく観察を続けている。

これが到着当初の行動です。

最初のテリトリーで安定が見られると、私がある程度行動を始めてもその行動は安定しています。

例えば室内で掃除を始める。

室内と庭を行ったり来たりする。

作業のために庭から広場へと行ったり来たりする。

よく観察していますが犬ちゃんが騒いだり興奮する様子はありません。

 

犬の行動を管理する基準が上がる

 

犬の行動が不安定なときは管理を厳しく

犬の行動が安定しているときは管理を緩める

これが犬の行動管理の基本です。

 

基本通り、預かり犬ちゃんの行動の管理を緩めていきました。

庭から出して行動させるときの緩めかたもステップアップで自由度が上がります。

安定した行動は次の安定した行動を作り出していきます。

規則性のある波が広がるような感じです。

明らかに今までの様子とは違うと手応えを感じるとこちらもうれしくなります。

預かり期間中にできるだけステップアップさせたいと意欲もわくのです

 

家庭内のしつけこそ犬の基盤を作る

 

お預かりクラス中の犬の行動に預かりのたびに変化がみられるのは、預かり回数だけの問題ではありません。

犬の行動の基盤は飼い主の整備する家庭環境で育てられているのです。

まさに家庭は犬のしつけの土台になります。

さらに犬ちゃんの年齢は1歳過ぎです。

この一年間に飼い主さんが真剣に犬と向き合ってこられたことが変化を生み出す基盤になりました。

また、若い年齢からお預かりクラスを利用していただいたことも安定した行動を引き出させた理由です。

結果としてどのようにも説明はできるのですが、大切なのは犬の安定した行動を見ることができたということは、犬は安心安全の気持ちで過ごすことができたということです。

せっかくお預かりするのですから、この自然環境の中でできることの最大をやりたいというのが私の気持ちです。

ですがそれを望まない飼い主さんもいらっしゃると思います。

冒険なんかいらない、成長なんかいらない。

私のそばから離れない犬であってくれた方が良いと思われるなら、それもまたひとつの選択です。

できるだけ飼い主さんの要望に応じてお預かりをしますが、その飼い主さんの姿勢を知るための訪問レッスンも大切にしています。

今月はお預かりクラスがとても多くて、これからまた学びが重なります。

預かりクラス中の犬ちゃん



 

 

Posted in クラスのこと

グループトレッキングクラスを開催しました!

まだコロナの余波がなくならない日常生活で、少しずつ取り戻したい行動や気持ち。

いろんな思いでトレッキングクラスにご参加いただきありがとうございます。

ここグッドボーイハート七山の池原の谷だったら、どんなに強毒化したウイルスも吹き飛ばしてくれそうな気がします。

あまり多数では歩けないトレッキングクラス。

今回もギリギリの頭数でしたが、みなさんのご協力でなんとか最後尾の方まで確認できました。

楽しみが中心のトレッキングでも安心安全第一であることが重要です。

自分の前の人と犬。自分の後ろの人と犬。

そしてなにより自分と自分の犬のことをちゃんとわかって歩くこと。

その玉の数珠がつながるように歩いているのがトレッキングです。

一番先頭を歩いている私に伝わる気配と伝わらない気配。

なかなかあの犬のオポのようにはいかないことはご容赦ください。

一緒に山を歩いた犬のこと。

何より記憶に残っているから不思議です。

先に別の世界に行ったオポやこの山を一緒にあるいた犬たちから、いつも見られていると思うと気持ちも引き締まります。

グループトレッキングクラスは2頭から開催しています。

頭数が多い方が楽しそうですが、慣れていない方はプライベートクラスがおすすめです。

今月はたくさん開催しますのでぜひお越しください。

七山の尾歩山でグループトレッキングクラス



 

Posted in クラスのこと

薪を運ぶ作業のお手伝いをする預かりの犬ちゃんの存在でパワーは倍の倍

七山のスクールの薪ストーブの準備のために、今年も薪をあっちへこっちへ移動。

オポ広場に薪置場をつくる予定はあるのですが、まだまだ時間がかかりそうで予定は未定ということです。

床下の湿気問題を解決しなければいけないこともあり、裏側に設置した薪を移動させる作業をひとりでがんばりました。

家の裏から表までを100回くらいは行ったり来たりしたのです。

その際、お預かりの犬ちゃんにおともをお願いしました。

移動の際は私の後ろ、薪を置くときにはマテ、再び行くよで出発、薪台ではまたマテ、そしてまた行くよで出発、私の後ろを歩いて…。

これをずーっとしていました。

犬ちゃんは私にちょこちょことついて歩き、待ち、再び私の後ろを歩きを繰り返しておともをしてくれます。

犬の方はその中で自分の役割を見つけられるほどの成長はしていません。

ただ、わたしが頼んでいることをやってくれているだけです。

犬には共感するという素晴らしいセンサーがあります。

センサーがちゃんと動いていれば、人が真剣に働いているということは伝わっていきます。

いわゆる「本気モード」というやつです。

山で仕事をしているときには、草刈り、薪はこび、木々の手入れなど、どれも真剣勝負がほとんどなので、犬たちもよく付き合ってくれます。

犬がそばにいていっしょに歩いてくれるだけで、私のパワーは倍増します。

時には倍増のさらに倍になるほどエネルギーをもらえます。

犬が薪を運んでくれるわけではないのですが、なぜか頑張ろうと意欲がわいてくるのです。

これは本当に不思議です。

同じような理由で犬から生きる力をもらって人生が長くなっている人間はたくさんいるでしょう。

動物と暮らすことの不思議な力ですが、自然の中ではそれがさらにパワーアップするから不思議です。

預かり犬ちゃんはお手伝いをしてくれた後はとても満足な感じになります。

要求もなくテンションも下がり、お昼寝や休憩が始まります。

そして夕方からまた再び作業が開始され、犬のお手伝いもはじまります。

都会では、犬に何かをさせようとしてボールを投げたり、オモチャで遊んだりというのが多くなってしまいます。

一番クラシカルで落ち着く犬と人の行動はやっぱり散歩です。

しかし都会にはその散歩をする良さげな場所もなかなか見つからないというのが現状です。

山を買うという選択、2020年こそはありかもしれませんね。

お預かり中の犬ちゃんが薪はこびのお手伝い

Posted in 日々のこと, クラスのこと

薪ストーブのチェック完了!しかしまたもや難問が生じて頭が痛いこと。

先日ブログでご紹介したグッドボーイハート七山の薪ストーブのオーバーホール。

分解に関心のある方には興味深くご覧いただいたようです。

その後の薪ストーブのチェックですが、無事に昨日完了いたしました。

七山の薪ストーブ点灯



今年の冬もドブレの薪ストーブにお世話になることができます。

とりあえずホッとしました。

薪ストーブなどは山暮らしのご褒美のようなものです。

倒れた倒木を片付けるのもおっくうになるところ「これが薪に変わる」と思うと俄然やる気になってしまうのですから本当に不思議ですね。

山の恵みを利用する形で生活をしてきたのが長い文化の日本人なのでどこか血が騒ぐのかもしれません。

薪ストーブが一安心というところに、また難問が降りかかってきました。

それは床下問題です。

 

先日、無料のシロアリチェックのお知らせを受けていたので、家の定期健診ということで受けてみました。

シロアリはいなかったのですが、床下の木々が一部腐食しているとのこと…。

ほんとうに、やっぱり…という気持ちでした。

山側の湿気が気になって土を出す作業を今年はやろうと決意して取り掛かっていたところだったからです。

※その作業中にスズメバチに襲撃されて作業が一時断念したのです。

現在、土出しの作業は細々とですが確実に進行中です。

でも間に合わなかったか。

腐食した木を基に戻すことができなけれど、応急手当が必要です。

その総額がかなりの高額でびっくりしました。

毎年、裏側を注意していれば良かったのですが、土地の形状上致し方のないところもあります。

それでも今までの放置を少し悔やみました。

できることはやってきたつもりだけど、七山と福岡を行き来して仕事をしているのでなかなか手が回らなかったというところです。

過ぎてしまったことを悔いても仕方がない。

今できることをするしかありません。

たくさん考えなければいけないことがあるとき、自然の風と太陽、そして薪ストーブの炎は気持ちを落ち着かせてくれます。

シーズンには少し早いですが、動画をインスタグラムの方にアップしましたのでご覧になってください。

インスタグラムの薪ストーブの動画はこちらから

 

Posted in 日々のこと, 自然のこと