グッドボーイハートは人と犬が共に成長して調和することを目指すドッグトレーニング・ヒーリングスクールです。

トップページ
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

<テレフォンわんわん人生相談>帰宅すると興奮して抱き着く飼い主と葛藤の日々

犬生には様々な喜びがあり、同時に悩みや苦しみもあります。
ひとに言えない、誰にも相談できない悩み、苦しみ。
そんな時少しでもお役に立てばというのがこのブログ<テレフォンわんわん人生相談>です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相談犬:もしもし、はじめまして。

ナレーター:もしもし、はじめまして。今日はどんなご相談ですか?

相談犬:実は飼い主のことなんですが、毎日のことで少し困っていることがありまして。
飼い主が帰宅したときにすごく抱きしめられるんです。

ナレーター:飼い主さんの帰宅のときにあなたを抱きしめるということでお悩みなんですね。
あなた今おいくつですか?
今の飼い主と一緒に暮らしてどのくらいになりますか?

相談犬:わたしは1歳です。
子犬のころから今の飼い主と暮らしています。
一年近くかと思います

ナレーター:ご家族は何名いますか?
飼い主の年齢はどのくらいですか?女性ですか、男性ですか?

相談犬:飼い主はひとりです。女性で30代です。

ナレーター:あなたの性別は?どのくらいのサイズですか?抱きしめられても平気なくらい?

相談犬:わたしはオスです。体重は5キロくらい、抱きしめられるというよりは抱き上げられる感じでさらに…少し言いづらいのですが。すごくキスされます。

ナレーター:なるほどですね。
飼い主がそうなるのはいつも帰宅のときですか?

相談犬:はい。飼い主は毎日仕事に出かけます。朝出かけていって夕方戻ってくるのですが、毎日夕方もしくは夜にもどってくるとすごく大きな声で私の名前を呼び抱き上げてキスします。かなり長い時間かと思います。

ナレーター:それであなたはそのことを困っているので相談したいということですね。

相談犬:はい。あまりにも拘束がきついのと、飼い主が興奮しているので私もつい興奮してしまいジャンプしてしまうようになり、そうするとますます飼い主はもっとわたしをきつく抱きしめるようになってしまって…。
悪循環なのですがどうやって解決したらいいのか、もうわからないのです。

ナレーター:わかりました。そのあたりを詳しく先生に聞いてみましょう。

先生:こんにちは。
飼い主さんはいつころからそんな風になったのですか?

相談犬:よろしくお願いします。
わたしも覚えていないのですが、気づいたらこんなことになっていました。
抱き上げられるときにも急な感じで、なぜそんなに興奮して抱きついてくるのかもはじめはわからなかったのですが、女性だからこんなものかなとはじめは思っていました。

先生:ところが最近になって耐えがたくなったということですか?

相談犬:そうですね。なんだか落ち着かないのだけど、伝え方がまずかったのかどんどん興奮が増しているような感じがして、最近では飼い主の外出のときから落ち着かない感じになってきたんです。

先生:飼い主の感情を受け取ってしまうのがあなた方犬の良いところでもあり難しいところでもありますからね。
飼い主の感情を受け取って受け流すというところまで、まだお若いから難しいでしょうね。

相談犬:飼い主の感情を受け取って受け流すですか?
今まで全くそんな風に対応できたことはありません。
飼い主の感情を倍にして返すのが精いっぱいです。
わたしは何か間違っているでしょうか?

先生:いえ、あなたは犬としてちゃんとやっていますよ。
あなたの言うとおり、飼い主の状態を映し出してちゃんと返してあげるのが犬のお役目だということは間違っていません。
あなたは誠実にやっているのにそれが飼い主側に伝わっていないということですね。

相談犬:はい「私のことが好きなのね」と言ってますますキスされます。
少し気持ちが落ち着かなくなっていくのがわかってきて、このままではまずいなと…。

先生:飼い主と同じように反応しても理解を得られないことの方が最近は多いみたいですね。
あなたは結局、飼い主にどうしてほしいのですか?

相談犬:落ち着いて欲しいんです。
わたしも元気に遊んだり、社会的に過ごしたりするのにまだ余裕もないので、飼い主にいろいろと教えてほしいことがあるのですが、飼い主から甘えられると自分が落ち着かなくなってしまうので。

先生:ここでははっきりと言っても大丈夫ですよ。
要するにあなたは落ち着きのある自信をもって接してくれるような安定した飼い主になってほしいと願っているということですね。

相談犬:はい、そうなんです。
でも自分にはまだそのことを伝えることもできず、何か良い方法があれば教えてください。

先生:落ち着かせ行動を繰り返しやってみるというのは試しましたか?

相談犬:それ、友達に聞いてやってみたのですが、先日耳をかいていたら動物病院に連れていかれてしまって、全く通じませんでした。

先生:犬の言葉は通用しない飼い主というパターンですね。難しいですね。
あなた少し念力はありますか?

相談犬:念力?使ったことはありませんが公園で犬の先輩がいるので教えてもらえるかもです。

先生:念力が使えるなら、テレビのスイッチをつけて「自分を落ち着かせる」番組や音楽を選んでみるといいですよ。
あまり効果があるとも言えませんが、何もしないよりもいいでしょう。

ああそうだ、それからあなたの公園友達の飼い主にわりとわかるかたいます?

相談犬:あまり見たことはありません。
落ち着いた飼い主たちはわたしたちとは違う道を歩いているみたいです。

先生:飼い主さん同士も似たものがよってきますからね。
でもあなたまだ飼い主のこと生理的には大丈夫ですよね。

相談犬:はい、悪気がないのはわかっていますし飼い主も成長すると思うのです。

先生:あなたえらいですね。その気持ちがあるならきっと転機が訪れますよ。
もしかしたらこの番組を聞いてくれているかもしれないし。
自分のことかなと気が付いてくれるといいですね。

相談犬:そうですね。ありがとうございます。

ナレーター:大変そうでお気の毒ですが、時間をかけて改善を試みてくださいね。

相談犬:ありがとうございます。
今日話せたので少しですが気が楽になりました。
あきらめずに取り組みます。

ナレーター:応援していますよ。
がんばってください。

DSC_2511

Posted in テレフォンわんわん人生相談, 犬のこと

wanwanwanwanの日、今日は絶対に「要求する犬」の日

ラジオ番組で「今日は何の日」ですといろいろと紹介されます。

すべて数字を当てはめた日でたとえば11月22日といえば「いい夫婦の日」などですね。

同じ日にたくさんの記念日的なものがあるのですが、今日はもっとたくさんありそうです。

一が4つも並ぶのですから。

一といえば英語でワン。ワンといえば犬。

当然、わんわんわんわん。犬の日とする方もいるでしょうがずいぶんと要求の高い犬の日です。

犬が「わんわんわんわん」と4つも吠えることなどなかなかないというと、みなさんはどう思いますか?

そうよねと思うでしょうか、それとも、うちの犬はもっと吠えていると思うでしょうか。

ワンを4つも連続して吠えるとなると相当に高い要求吠えか、もしくは無駄吠えというものです。

ワンといえば一回で済むものを、4回吠えるということなのです。

たとえば、室内から庭に排泄に出ようとしてる犬がいて戸口が閉まっていたとします。

戸口の前に座っても飼い主はそれに気が付かない。

となると犬は「ワン」と言って飼い主に催促することがあります。

もちろん行動のパターンは犬の性質や環境にもよりますが。

ここで「ワンワンワンワン」と4回吠える必要はありません。

犬は基本的に無駄なことはしません。

長い時間吠えたり鼻を鳴らしている犬に無視をしても止まないのは、結果を求めているのではなくそうしなければいけない状態にいたっているからです。

犬にとっては無駄な行動ではないのです。

来客が来て吠えるといっても、わわわーんとか長い音を発する必要はありますが「ワンワンワンワン」にはなりません。

犬のコミュニケーションは本来は犬と犬が会話するために機能的につくられているものです。

ところが人との密接な生活の中で人に伝えるためには…的なコミュニケーションが身についてきます。

犬のことをより深く理解し、コトバのいらないコミュニケーションがとれれば、飼い主と犬の間に音は不要です。

特に日常生活で犬は吠えて会話をする必要などないのです。

犬と犬は吠えることなく会話をしています。

とびついたりなめたりかじったりする必要もありません。

よくオオカミと犬の比較のときに、オオカミはワンワン吠えないけれど犬はワンワンと吠えるという例を持ち出されます。

これはその通りなのですが、ワンワンは人に対する犬の要求の吠えだからです。


「ワンワンワンワン」4回連続で吠えることがあったら教えてください。

DSCPDC_0002_BURST20191017165139596_COVER

Posted in 未分類

<クラス>お預かりクラスで対面した大きい犬と小さい犬:お互いに犬であることがわかるのはなぜか。

犬という動物の不思議は、サイズや見かけ(形態)のバラエティーさに富んでいることです。

同じ種類の動物でありながら、ここまでいろんな姿形のものになってしまうのも珍しいでしょう。

体重が一キロもない犬から60キロを超える犬、被毛の短いものから長いもの、直毛のものからカールした毛のもの、脚の長いのから短いもの、耳が立っているものもあれば倒れているのもいます。

色は白、黒、茶が基本色ですが単色、まだら、ぶち、トライカラー、左右対称の犬など本当に様々です。

もちろんこのような犬たちは人が犬の繁殖に強く関与したことで遺伝子的に変異を遂げてきたわけですが、それにしてもね~と思います。

そしてそれ以上に不思議なのは、見かけが全く違う犬同士が出会ったときに相手が犬であるということをすぐに見分けてしまう能力です。

犬は嗅覚を主体として判別(区別)をする動物ですが、とはいえ全く視覚の情報に騙されないというのはおそるべきことです。

犬が以下に嗅覚情報を大切にしているのかということと、犬と区別する臭いがすべての犬に含まれているということなのです。

実際に犬は同族の犬の排泄物には強い関心を示しますが、人の尿の臭いにはほとんど関心を示しません。

特に屋外に人が排尿をしたとしてもほとんどといっていいほど関心を示しません。

こちらからすると犬も人も同じような尿の臭いしかしないように感じるのですが、その臭いの中にある「犬のもの」「犬ではないもの」の区別がはっきりと記させているわけです。

こんなことも分からないのに犬が受け取っているものと同じ情報を共有することなどできるわけがありません。

そもそも受容器官の性能に差がありすぎるわけですから、この部分では人は犬にかなうはずもないのです。

お預かり中に大きな犬くんに小さな犬くんを近距離で臭いをとれるような状態にすると、瞬時にお互いの情報を嗅ぎあうことで交換しあいコミュニケーションがはじまっていきます。

大きな犬が堂々として小さな犬がビクビクしているかというと、そんなことはありません。

小さなチワワくんでも大きな犬くんに怖がることなく自己アピールができるような性質を持っています。

お互いに犬であるということがサイズの違いによる怖さを克服するのでしょうか。

私が観察するかぎりにおいてですが、堂々としている犬は犬としての自覚をまだ十分に持っているのではないかと考えます。

そしてビクビクしている犬は犬としての自覚を失いかけているように思えるのです。

人間が人間として生きることも難しい時代に、犬が犬として生きることなど実現のしようがありません。

失われた自尊心を取り戻すための犬との山歩き。

七山でも紅葉のすばらしい季節です。

ぜひお出かけください。

DSCPDC_0002_BURST20191101152020791_COVER

Posted in クラスのこと, 犬のこと

<クラスのこと>クレートカバーは簡単に作れます。

室内犬の場合には犬の居場所として必須のハウストレーニングですが、最初に使用するのはクレートです。

ハードクレート、ソフトクレートとクレートもいろいろと出てきました。

室内犬の普及と共に、国内メーカーも犬用クレートを取り扱うようになり特にこの5年ほどはクレート回りの備品も充実してきています。

このクレート準備で必須になるのがクレート用のカバーです。

「クレートカバーはどこで購入したらいいのでしょうか?」と尋ねられますが、クレートカバーはまだあまり種類がありません。

国内メーカーのクレートにはクレートカバーもいっしょに売ってあるメーカーもあります。

リッチェルのクレートカバーはつい最近、新しい色もでてきて充実感が増しました。

ただあるのはクレートサイズのSサイズとMサイズのみです。

Lサイズ以上は需要がないのかカバーの販売がありません。

あとはネットでオーダーするものもあります。

以前はグッドボーイハートの生徒さんがオーダーで作ってくださっていたのですが、最近は他のお仕事が忙しくお願いできなくなりました。

最後の手段は自分で作るというものです。

ミシンさえあれば、そう難しいものではありません。

特にソフトれくーとの場合は形がシンプルなので直線的に仕上げられます。

問題はハードクレートの方です。

ひし形になっていますのでちゃんと作るのは難しいのです。

先日お預かりした犬ちゃんが素敵な記事のクレートカバーを作っていらしたので、来校された生徒さんたちの目にとまったようです。

しかも作りがとてもシンプルです、なのに安定している。

DSCPDC_0003_BURST20191031113752438_COVER
素人なので想像なのですが、生地の厚みや柔らかさがとてもいい感じなのです。

生地のデザインが素敵なのでクレートカバー的な感じがありません。

デザイナーさんのものらしくお高かったらしいですが、ひとめぼれで生地を決めたといわれていました。

つくりはシンプルで直線裁ちです。

両脇はリボンでとめるようになっています。

DSC_0562
DSC_0563
簡単そうですが失敗したくないのではじめはお安い生地で作りたいですね。

私などは裁縫が苦手なのでカーテンのいらないもので作ったりしていました。

生地のデザインでテンションが上がってしまうあたりが女子なのでしょうが、布地というのは本当に楽しいものです。

いつかカーテンを作り変えたい、いつかテーブルカバーを作りたい、いつか…と思いつつ、みなさんの作品を楽しませていただいきます。

DSCPDC_0001_BURST20191101150825877_COVER

Posted in クラスのこと, 犬のこと

<お知らせ>グッドボーイハートにオポ広場ができました。

七山のグッドボーイハートが少し、いやかなり広くなりました。

学校のすぐ下の敷地もグッドボーイハートで利用することになりました。

やっと手続きが終わって現在整備中です。

ある程度草刈りも終わっており、冬期に入るため草も冬枯れしてくるので十分に遊べます。

私は山歩きが好きで広場って何に使うのだろうと思っていてあまり重要だと思っていなかったのですが、犬たちはそれなりに臭いかぎをして楽しんでいます。

草をかんだり日向ぼっこしたりそれぞれのスタイルのようです。

せかっくの自然の中ですからオモチャ遊びはそこそこにしたいですが、ぼーっとしているだけでも気持ちのいい広場です。

すごく広いのでびっくりされると思います。

都会だったらこれだけの敷地を手にいれることはまずないかなと思います。

グッドボーイハート七山の裏山の尾歩山の敷地だけで千坪はありますので、本当に広いです。

広くても手ばかりかかって価値がないとみなされるため安く売られるか、最近では相続放棄されるようになった山林です。

犬たちが一番喜ぶ場なのに、もったいないことだと思います。

この広場は近いうちに植林して整備していきます。

植林しても十分に遊べる広さなので、トレッキングクラスに来られたときはぜひ遊んでいってください。

今さら言うまでもありませんが、犬たちは相当汚れます。

汚れるといっても埃のよごれではなくて、草や土で汚れるだけです。

犬たちにとっては大したことはありませんが、飾り毛には草や種が絡みますのでやや面倒です。

面倒にしたのは人の方ですから気持ちよく遊んだあとは少しお手伝いしてあげてください。

犬は土と草の臭いが大好きです。

人間の臭いばかり嗅いでいる日常から少しだけ自由にしてあげましょう。

DSC_0547

Posted in お知らせ

<クラス>グループトレッキングクラス開催しました

まだ秋とはいいがたい紅葉を待つ七山で、トレッキングクラスを開催しました。

不定期開催のグループクラスですが、今回はセミナー同日に行いました。

グループトレッキングクラスは、プライベートトレッキングクラスを受講していただいた後、犬ちゃんの状態に応じて受講が可能なクラスです。

プライベートトレッキングクラスとグループトレッキングクラスは開催の趣旨が異なります。

プライベートトレッキングクラスは通常のプライベートクラスと同じように、1頭(もしくは2頭)の犬ちゃんと飼い主さんの関係性に注目しながらアドバイスしていきます。

トレッキングしている犬ちゃんも飼い主さんだけに注目できますし、飼い主さんの方も他の犬に気を奪われる必要もありません。

わたしとも犬ちゃんの日常の行動と、トレッキング中の行動の比較や関連性についてお話することもできます。

また山歩きのスタイルや飼い主さんとの関係性を発展させる要素をクラスの中で試したり実践することが可能です。


グループトレッキングクラスでは個々の犬ちゃんや生徒さんに対するアドバイスはしていません。

プライベートクラスで実践できた犬との山歩きの行動を他の犬たちとの集団行動として実践していただきます。

グループとしての活動になるので、他の犬に過剰に吠える、防衛する犬ちゃんはご参加になれません。

ただ普段の生活では犬に過剰に反応する犬ちゃんも、グループクラスでは落ち着いて歩くことがえきる場合があります。

グループトレッキングクラスの参加頭数にもよりますし、犬の種類やサイズにもよりますのでこちらで調整させていただきます。

本来なら3グループ位がちょうど良いグループトレッキングクラスですが、セミナーの前は少し頭数も人数も多くなってしまいます。

無事に帰ってくるのが精いっぱいのクラスですが、普段は顔を会わせることのない生徒さん同士が交流される機会でもあります。

今回もなんとか無事に開催できました。

グループトレッキングクラスは2頭以上で組み合わせいたします。

それぞれのご都合に合わせたり、お預かり中の犬ちゃんにお手伝いいただくこともあります。

ただ、グループクラスに注目しすぎずに、プライベートトレッキングクラスでのステップアップを積み重ねることの方がずっと重要だということをお忘れないようにお願いします。

社会性とは他者との関係性の前に、まずは家族との関係性が一番です。

まずは飼い主と犬の関係作りのためにたくさんの時間を使いましょう。


20191027トレッキング

Posted in クラスのこと, 日々のこと, 自然のこと

<クラス>犬語セミナーを開催しました。

日程の調整がやっとついたので、3ケ月ぶりに犬語セミナーを開催できました。

忙しいお休みの日に時間を割いて七山まで来てくださった生徒さんたちに、ひとつでも何かお土産を持って帰っていただければとビデオの準備にも頭を悩ませました。

いつもそばにいる犬ちゃんが画面の中に登場するといつもとは少し違う感覚を得られると思います。

客観的にみる機会をもつことも犬語セミナーの目的です。

自分のところの犬ちゃんとなると気持ちも入ってなかなか冷静には見れないものですが、一番知りたいのは自分のうちのコのことです。

そこを乗り越えて見ていただければ、きっと新しい発見があります。

今回初めて犬語セミナーにご参加いただいた方もいらっしゃいました。

スカイプでご参加いただいたり、ご家族といっしょにご参加いただいたり、それぞれの思いでご参加いただきましたが、すべての犬につながる犬語セミナーです。

セミナーの感想をこれから生徒さんたちにうかがうことも楽しみにしています。

次回のセミナー開催は未定です。

犬語セミナーは2名以上のご参加があれば開催しています。

ご希望の方はお気軽にお問合せください。


DSC_0536

Posted in 未分類

<日々のこと>薪台をいただき張り切る冬到来の準備を七山で

お預かり犬ちゃんのお世話と週末の七山クラスの開催で七山スクールで数日を過ごしています。

紅葉が始まるこの季節は冬を迎える準備で動物たちも活発に山を歩いているようです。

わたしたち人間の方も冬を迎える準備で山ではやることがたくさんあります。

そのひとつが暖炉のための薪の準備です。

本来なら2年前に準備したものを今年使って、今年は2年後に使うものを山で切って積んでおくというのがルールであると思います。

しかし、都会と田舎を行ったり来たりするまだ中途半端な山暮らしなので、薪作りもすぐに使える廃材などを利用させてとりあえずでがんばっております。

山での暮らしは人が山を利用する形で成り立っているのですから、山から取ってくる薪材で自給自足を達成するのがカッコイイとは思いますがなかなかそこには及びません。

そこで廃材利用となりますが、こちらもそう簡単ではありません。

木材を暖炉のサイズに合わせてカットするだけでもすごく大変なのです。

その大変さを解消してくれるための作業台を生徒さんが作ってくださいました。

今まで腰をかがめるようにして作業していたのが、きちんとした姿勢でチェーンソーを使えるようになり労力は激減しました。

作業台も道具のひとつなので最初にそろえるべきものなのに、みなさん自作されているものばかりでお店では売っていないものなのです。

多分、売っているのを見られたことはないと思います。

この作業台で早速木材を切って、暖炉用の薪を準備しています。

七山で過ごす時間が長ければ長いほどたくさんの薪が必要になります。

自分の年齢と共にいろんな作業が大変に感じられるようになっています。

少ない労力で効率よく仕事をするためには、正しい体の使い方を覚えるしかありません。

こんなに労力がかかることを避けたくて、都会で快適で楽な生活をしたいと思ってみんな山から離れていく気持ちが良くわかります。

日本の山、里山は人がいなくなり荒れ果てて野生動物がうろつく危険な地域になりつつあります。

里山でがんばる人の足元でいっしょに暮らしていた里山犬の姿も見ることがなくなりました。

なんだかとても寂しい思いでいっぱいで、自分など何の力もないのだと涙しながらも、今日もできる範囲で山で作業しています。

人からみれば意味のないことでも、自分の中で大切だと思うことならまあいいかなと納得しています。

たくさんの労力と思いで準備した薪をたいた暖炉に、ぜひあたりにいらしてください。

DSC_0529

Posted in 未分類

<お知らせ>グッドボーイハート生のみなさんへ「オポの日」のお知らせ&お誘い:オポのこと知っている方も知らない方も、ぜひ遊びに来てください!

オポが旅立ってからなんとなく始まった「オポの日」のお誘いです。

「オポの日」はグッドボーイハートの七山スクールを生徒さんたちに自由に過ごしていただく日としています。今年は以下の日程で開催します。
 
日時 令和元年 12月 15日 (日)
場所 グッドボーイハート七山スクール
時間 10時~15時まで お好きな時間にお尋ねください。

グッドボーイハートの尾歩山とお庭、整備中のオポ広場でそれぞれのスタイルでリフレッシュするひとときを過ごしてください。グッドボーイハートの生徒さんだけが利用されますので、お互いにルールを守ってご利用いただけます。

いつものグループクラスと違いますので、リードをオフにすることはできません。
安全管理をしていただきながら、ゆっくりと冬の一日を満喫していただきたいと思います。

体が冷えたら室内であたたかいお茶とコーヒーとお菓子をどうぞ召し上がってください。
お知り合いの方もそうでない方も、グッドボーイハートの仲間ですからお気軽にお声かけしながら、犬育ての楽しさ&辛さを共有してください。

室内に入られるときには、犬ちゃんはクレートで待機となります。
室内にもクレートを設置しておきます。

ご予約は必要ありませんが、準備のため事前にお知らせいただけると大変助かります。
当日庭には車が駐車できません。下道の広いところやご案内する場所に駐車をお願いします。

「オポの日」を迎えるたびに毎年不思議なことがたくさん起きています。
さびしい別れもたくさんあったこの一年。なつかしく思い出す犬たちのこと。
楽しい出会いもたくさんありました。

今年をちゃんと感謝して新しい年を迎える、そんな日です。
お気軽に遊びにいらしてください。

連絡先 グッドボーイハート電話 もしくは スクールライン
メール:goodboyheart7☆gmail.com までどうぞ。 ☆マークは@マークに変換してください

オポ山の中で10歳

Posted in 未分類

<お知らせ>27日(日)は犬語セミナーの日です。ご参加まだの方急いでご連絡ください。

ブログのお知らせを見逃した方もいらっしゃったようなので、再度ご案内します。

犬語セミナー開催日程

10月27日(日) 12時~14時 グッドボーイハート七山スクール
参加費 おひとり 2500円
事前予約必要

人対象のセミナーですので犬は参加できません。
セミナー中はクレートでお預かりしますのでお問合せ時にご確認ください。

まだあと数名でしたらご参加可能ですのでお急ぎお申込みください。

当日10時からトレッキングクラス開催します。
グループトレッキングクラスに参加経験のある犬ちゃんたちはご参加可能です。
ご予約時にお申込みください。

犬語セミナーは現在不定期開催となっております。
次回の開催予定がまだ未定ですので、ご都合があえばぜひご参加ください。

ご予約はお電話もしくはメールで受け付けしております。


Posted in お知らせ, クラスのこと
1 / 10612345...102030...最後 »